Middle-earth: Shadow of War レビュー





Middle-earth: Shadow of Warは、指輪物語の舞台「中つ国」を舞台としたオープンワールドアクションゲームです。前作、Middle-earth: Shadow of mordorの続編であり、3年ぶりの新作となります。

さてこのゲームレビューに入る前に一つ明確にしておきたいと思います。オープンワールドをプレイする上で最も大事なのはなんでしょうか。私は、プレイヤーの動機だと思っています。ゲームの中でプレイヤーは一体何をしたいのか。正確には、開発側はプレイヤーに何を楽しんでもらう事を期待しているのか。このゲームはたった一つのシンプルな、かつ十分な動機を与えてくれます。

20171013220400_1

それは,ウルクをボッコボコに叩きのめすことです。ウルクとはこのゲームのメイン敵キャラクター種族のことで、本ゲーム最大の魅力といってもいいでしょう。
というわけで、このレビューは「ウルク」に主観を置いたものになります。私は指輪物語も名前くらいしかしらない上、全く興味もない輩なので、そんな人間の視点からのレビューとして読んでいただければと思います。

醜い豚ヅラ

20171014080131_1

ブサイクすぎる…腐ったイノシシがしゃべってるみたい。こんな醜悪な姿を晒し敵意むき出しで主人公に立ち向かってくるその様はまさに「」そのもの。
こんなわかりやすいサンドバックもそうそうありませんね。

ウルク社会

20171014091531_1

ウルク達にも社会があって、彼らの社会的地位は力によって決まる模様です。ほとんどのウルクは無名ですが、小隊長、軍団長という階級をもつものがいて、それらのウルクにそれぞれ性格が設定されています。また、無名のウルクが主人公を倒すとそのウルクが小隊長に昇進します。ウルク同士でも権力争いで身内同士の抗争を行っており、主人公の知らないところで下剋上なんかも行われます。

星の数ほどウルクがいる中で、限られたものだけが地位を得られる決死の椅子取り合戦、数多のライバルと競争を繰り広げながら小隊長、軍団長と少しずつその階段を駆け上がる様をみていると、なんだかどこかのアイドルの総選挙でも見ている気分になります。彼らは歌って踊れはしませんがけど唸って暴れることができるのでまぁ…かわいい?

20171014081702_1

20171014080426_1

20171014012504_1

20171014005826_1

○イドルマスターかな?

いやーきついっす

個性豊かで意外に人間らしいところも

姿は化け物そのものですが、人間らしい部分もあります。前述にも少し触れましたが小隊長以上のウルクはそれぞれ固有の性格を持ちます。例えば、屈辱を与えるのが大好きなサディスティックなウルクは、戦いの中で主人公を打ち負かすと、「もっとだ!まだ本気じゃないよな?俺はまだまだ遊び足りないぞ!」と主人公を煽って戦いをむりやり続投してきます。

20171014080837_1

反対に、臆病なウルクは不利になると「今日はここまでにしといてやる!俺の部下がこれをしったらとんでもないことになるからな!」と捨て台詞を吐いて逃げ出します。クモが苦手で、クモを見るた途端怯えて何もできなくなったり、襲撃に備えて他に仲間を雇っうようなやつもいたりと、様々な性格や特徴を持つウルク達がいます。この絶妙な人間臭さに妙に親近感を感じるのです。止めを刺すときはなんだかかわいそうな気分にもなってしまうことも。

20171014005301_1

Oh…

時に執念深い

倒したウルクの中には生き残って主人公に復讐を挑んでくるやつもいます。その中でも私が出会った「ムズ」というウルクは特にしつこくて、なんと6回もリベンジしてきました。

20171014011435_1

コイツ

20171014080219_1

20171014084529_1

20171014091810_1

撃退されるたびに傷を治して再戦を挑んできているんでしょうね。どんどん顔が鉄の包帯で覆われていってます。なんとか返り討ちにしてやりましたが…

20171014095425_1

まーたきみか

今度は「お前の炎で生まれ変わった」とかなんとかぬかしながら全身に火傷の痕だらけ、顔は包帯グルグル巻きで戻ってきました。どんだけ執念深いねんこいつ…

20171014100156_1

そんな執念深いコイツもこりたのか、この後二度と復活することはありませんでした。いやはやおそろしいやつだったで…

自分だけのウルク軍団を作ろう!

なんとこのゲームはそんなウルク達で軍隊を作れます。仲間にしたウルクはその場で一緒に戦ってくれます。小隊長や軍団長の場合は自分の軍隊として従属させることができ、他の小隊長や軍団長に宣戦布告させることもできます。お好みのウルクを服従させて、自分だけのURK48を作りましょう!

20171014192240_1

友達か

20171014160651_1

おまけ。なぜか小隊長本人じゃなくて部下が小隊長の代わりに演説を始めた。小隊長は主人公との戦いに敗れて自身を喪失してしまうことがあり、言葉も話せなくなってしまうと、このようにその部下がかわりに演説してくれるようです。いやはやすごいですねこのゲームは…

→→→その他のレビューはこちら

シェアはこちらです!



より踏み込んだアドラーの実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学です。

それは人の解釈という、実際には他者と全く共有できていないものの問題だからで、最終的には自分が気づく必要があるからです。

当サイトでは管理人のElepanがアドラー心理学を元により深く、より根本的な思い込みの解消、哲学を実践実施した結果、その考察と気づきをまとめております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
My哲学


主に「人の心」について、私個人の哲学考察をまとめたものです。


孤独 認知論
MBTI考察


MBTI関連の考察記事です。ENTPが多め


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

MBTI : ENTP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)