今作は一味違うぞ! Assassin’s Creed Origins レビュー






2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

前作から2年ぶりの新作「Assassin’s Creed Origins」”新次元の到達”を目標に去年の新作リリースをスキップして生まれた本作品、前作から大きな改善が見られ、ゲームとして非常に面白みのある作品になっています。

よりアクションゲームなオープンワールドへ

アクションゲームとしての進歩がみられ、特にシリーズを通して遊んできたプレイヤーにとってはそれほど難しくなかったゲームプレイ難易度が急上昇。 囲まれると窮地に立たされることも多く、やりごたえのあるものになっています。主人公も含め各MOBにはレベルの概念があり、体力が数値化されたため相手のレベルが高すぎると与ダメージ被ダメージ量的にほぼ勝ち目がないなど、戦闘面でのRPG的な側面も強くなっています。歴史上の都市を観光しながら、一人のアサシンの生きざまを垣間見る、「見て楽しむ要素」が強い本シリーズですが、今作は遊んでて楽しい「ゲーム」としての進化が大きかったように思います

全体的に見直されたステレスシステム

敵が強力になった分ステルス行動がより重要なものになっています。鷹の目のスキルは廃止され、鷹の相棒セヌで索敵を行います。敵の視界はより現実的なものとなり、相手はこちらを発見するとしつこく追跡してくるようになっています。戦闘では敵一体でも苦戦を強いられることも多く、囲まれてしまった場合は一度体制を立て直すために逃げる必要もでてきます。1人1殺がより重要なものとなり、緊張感をもってプレイすることができます。

古代エジプトの中を体験する面白さ

街並みや住む人々、地下に作られた様々な施設や、建物の中までよく細かく作りこまれており、様々な発見があります。時間の概念があり、朝から昼へ、夕方から夜へと刻々と変わっていきます。今後のアップデートで敵が一切登場しない「Discovery Tour」モードも用意される予定があり、町並みをめぐりながら探検できる観光ゲームとしての楽しみ方もあります。

グラフィックはトップクラス


相変わらず美麗なグラフィックです。パフォーマンスも非常に快適で最高画質設定のUltraに設定しても60FPS近くを常にキープできていました。光源処理の再現は特に見事なもので建物の中から外から差込む光の表現は現実のそれかそれ以上の美しさがあります。フォトモードというこのゲーム内に用意されたスクリーンショット撮影機能も用意されており、ついついゲームを放り出して写真撮影にいそしんでしまうこともありました。

別記事:フォトモードについて別途まとめました

バグはほとんどなし

フラミンゴの死体が空から降ってきたくらいですかね。ひょっとして相棒のセヌの仕業でしょうか

翻訳は微妙

所々何が言いたいのかわからないところがあります。声優さんはみなベテランの方たちばかりなので演技のほうは全く問題ないですが、かなり違和感のある表現がすくなくありませんでした。

総評

アサシンクリードにいまいち足りなかった「ゲーム」としての面白さが本作では改善されており、アクションオープンワールドゲームとしても、観光ゲームとしてもおすすめできる作品です。難易度は高めですが、初心者でも遊びやすいイージーモードがあるので、あまりがっつりゲームをやらないタイプの人でも楽しめる作品になっています。見知らぬ地に行くのが好きだったり冒険好きな人に是非遊んで欲しい作品です。

アサシン クリード オリジンズ
ユービーアイソフト株式会社 (2017-10-27)
売り上げランキング: 728
アサシン クリード オリジンズ(日本語版)|オンラインコード版
ユービーアイソフト (2017-10-27)
売り上げランキング: 1,066



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)