[再編集]私が孤独を受け入れるためにやったこと





「現実」と「自分の認識」のズレを検証した

私が見ていた世界と、実際にそこにある現実のズレについて認識することが、孤独は怖いものじゃないことを知るための第一歩でした。

当時のうつ病真っ盛りだった私はこの世のどこかに、いやもっと身近に、こんなにつらい、死にたいと思っている今の自分を理解してくれる、受け入れてくれる人がいると信じていて、しかしそうじゃない現実、そうでない周りの人達に対して「なんでわかってくれないんだ」、「なんて心の冷たいひどい人達なんだ」と、

なんて無慈悲な悪魔のような人達なんだ、と他人をとらえて言いました。

しかし、アドラー心理学に出会ってから自分の心理や行動について客観的に観察するようになり、

そもそも自分自身が他人のことを全く考えていない事に気づいたのです。

自分が自分のことで精一杯なように、他人も自分のことで精一杯、自分の人生や生活、したいこと、したくないこと、されていやなこと、うれしいことがあるということに気づくことができました。自分のようにうつ病を患っていなくてもそこは同じなんだと気づかされ、ただなんの見返りなく私のことを理解してほしいという発想は、貰うことばかり期待して自分は何も与えないという自己中心極まりないものであったことに気づきました。

私はいわば“物乞い”だったのです。何も与えないばかりか、他人からもらうことばかり考えている、いきなり金をくれと言われて、まとも取りあう人はほとんどいないというだけの話だったんです。

他人は他人の都合で生きていて、自分ではどうしようもできないことを理解した

私が他人の理解を得ようと必死になっていたのは私の都合であって、それに他人が合わせる義務はないことに気づきました。

人は皆自分の都合で生きていて、他人に関心を示したり他人のために何かをするのはそれがその人にとっても利益があるからであることに気づいたんです。

それは自分も同じ。私には他人のそれをどうこうすることはできない、できるのは自分のことだけだということを強く自覚し、自分と他人は切り離して考えるべきだと考えるようになりました。

[再編集]孤独な人には孤独な人の幸せがある

他人と自分を比べないようにした

他人と自分と比べることで、自分の価値を証明することをやめました。例えば自分よりも下の人を探して安心したり、逆に自分よりも上の能力を持つ人達に対して嫉妬心を抱くなどです。物事を優劣で見なくなり単純に好きかそうでないかで見るようになった結果、

この世にはきっと本当に正しいことも、間違っていることもないと、以前よりも様々なものについて肯定的にみることができるようになりました。

以前の私はなんと狭い世界で生きていたのか、そう感じる毎日です。

自分の居ていい場所の作り方を変えた

自分のことを好きな人だけがいる空間が以前の自分にとって、ここに居ていいという場所の作り方でした。

しかしそれは環境によって体色を変えるカメレオンが如く、周りに合わせて自分の身の振り方を変えるような主体性のないものでした。

主体性のなさが自分を不幸にしていることに気づき、どんな場所においても自分の居場所は自分で決めるようにしたのです。以前では一人ではいけないようなところへも平気でいけるようになり、行動範囲もぐっと広がりました。自分に自信を持つってこういうことなんだと、身をもって感じました。

哲学:人間は本質的に”孤独な生き物”である

孤独は何も怖いものではないのです。むしろ最も静かで、考え事のしやすい良い環境です

私は物心つく頃から友人を作ることに難儀することが多かったものの、小学生くらいの頃まではむしろそういう自分を受け入れていたところもありました。

友達が外で遊ぼうと誘ってくれても、家で一人で本を読んだりおもちゃやゲームで遊んだりすることの方が多かったし、それが楽しかった。成長するにつれ、周りがみんなグループを作って行動するのに、一人でいることが好きな自分はおかしいのではないかと考えるようになり、いつの間にか周りに合わせて自分を変えようとすることが当たり前になっていったのでした。

きっと私は、友達をたくさん作って大人になったら誰かと結婚して幸せな家庭を築くというような、世間一般の”幸せのモデルケース”に当てはまらない人間なんだと思います。というか、それよりも他にやりたいことがたくさんあるのですよね。確かに誰かと話をするのも楽しいのですが、それよりもやりたいことが多いので今はそれに時間を使っています。

孤独はちっとも怖いことではないんです。孤独のデメリットばかりイメージされていてメリットが全く語られることがなかっただけのことなんですね。

孤独論 逃げよ、生きよ
徳間書店 (2017-02-10)
売り上げランキング: 13,525
シェアはこちらです!



より踏み込んだアドラーの実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学です。

それは人の解釈という、実際には他者と全く共有できていないものの問題だからで、最終的には自分が気づく必要があるからです。

当サイトでは管理人のElepanがアドラー心理学を元により深く、より根本的な思い込みの解消、哲学を実践実施した結果、その考察と気づきをまとめております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
My哲学


主に「人の心」について、私個人の哲学考察をまとめたものです。


孤独 認知論
MBTI考察


MBTI関連の考察記事です。ENTPが多め


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

MBTI : ENTP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)