うつ病を治すためにやったこと④:最も自分らしかった時期を思い出す






2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

誰の目も気にしていなかったころを思い出す

他人の目を気にし始めたのはいつだったのか。私の場合、それは中学校くらいの頃からが顕著だったように思います。小学生のころも他人の目を気にしてはいましたが、一人でいる時は自分だけでいられました。ほめられたいという承認欲求ももっておらず、純粋に自分のしたい事をしていたように思います。その時に自分は何をしていたのか。それが今の自分の本来のあるべき姿なのではないかと考えました。

小学生の頃の私

私は野球少年でした。私の子供の頃の時代では部活動は小学4年生になってから始まります。私が野球部に入ったのは小学5年生の春。その時に新しくできた友人が「野球部に入りたいけど一人はいやだから、お前も一緒にやろうぜ」と誘われたのがきっかけでした。私は体育の成績はあまりよくなかったので「私は運動が苦手なんだ」と認識していて、そういったものから距離を取っていたのですが、野球部には保育園からの友人がたくさんいたので、”楽しそう”だと思い入部したのです。
実際にやってみると、これが思っていた以上に面白かった。単純なキャッチボールから始まったのですが、ボールがグローブに収まる感触とパーンという気持ちのいい音。ボールを投げる時の体全体を使う感覚。そんな感覚が妙に心地がいいものでした。キャッチボールに慣れてくると、もっと強いボールを受けたいと思うようになり、監督のノックも楽しく受けていました。それだけでは満足できなかったので、部活が終わった後も一人グラウンドに残り黙々と”壁あて”(ボールを思い切り壁に投げて跳ね返ってきたボールを捕る)を暗くなってボールが見えなくなるまでやり続けました。休みの日は一人学校にグローブとボールを持っていき壁あてばかりしていました。そんな日々をずっと送っていると突然監督から「お前セカンド(2塁手)やれ」と、それまで外野のノックばかりやっていたのですが内野手としてのノックを受けるようになりました。しばらくして部活動メンバー全員が監督のもとに召集され、「今から6年生が引退した後の次の”れぎゅらー”を発表をするからよく聞けよー」とのお達しが。確か5年生の夏頃だったと思います。野球部に入って3か月くらいだったでしょうか。監督が次々と馴染みの名前を読んでいく中、「セカンド、〇〇(私の名前)」と自分の名前が呼ばれました。”れぎゅらー”という言葉の意味がわからなかったので、名前呼ばれたけどなんなんだろうと、状況がよくわかっていなかったのを覚えています。監督もそんな私の表情を察したようで、「お前は6年生最後の試合の後、セカンドで試合に出るってことだ。がんばれよ!」と教えてくれたのです。私が試合に出る…?え…?

野球を初めてまだ数カ月しかたっていない。5年生から始めたので、私よりも長く野球部にいる子たちがほとんどで、在籍期間は1つ下の4年生の子たちとほとんど変わらない。運動が苦手という意識もあったし、加えて野球知識もほとんどない経験不足の私がなぜ”れぎゅらー”に成れたのか全くわかりませんでした。なんで私なのかを監督に後で聞いてみると、「お前は全てのボールを体で止めようとする。バッティングはまだまだだが、それに関してはこの中で一番うまい。内野手はとにかく体を使ってでもボールを止めることが大事だ。○○にはセカンドがいいと思った」と説明してくれました。それは私が休日や暗くなるまで繰り返し行っていた、壁あてによって身についたものでした。

知らないうちに知らないところまで来ていた

試合のスタメンメンバーになるということは、大抵はある程度の実力がなければなれないものです。しかし私にはそんな自覚は全くなく、ただ面白いと思ったことを続けていただけで、レギュラーになりたいとか、試合に出たいとか、それによって誰かに認められたいというような願望はありませんでした。当時の私にとってこの結果はまさに寝耳に水だったのです。自分の気づかないうちにできることが増えていたようでした。

レギュラーになれたこと自体はうれしかったのですが、やはり最も”楽しい”と感じていたのは壁あてやノックに夢中になっていた時で、その瞬間が一番自分らしかった。このころの”純粋さ”が今自分が本来あるべき姿だったのではないかと今は思います。思えば大人になってからも割とこういう傾向はあって、会社のある先輩から「お前は何も教えなくても勝手に覚えてくから手間がかからなくていい」というようなことを言われたこともありました。

過去の自分を思い出し、誰かが自分のことをどう思うとか、何か結果を期待するようなことを考えて行動しなくても、そういうものは自分の行いに勝手についてくる、それほど大事なものではないおまけのようなものだと考えるようになりました。大事なのはやはり今この瞬間で、今自分が何をしているのか、何を感じているか、楽しいか、幸せかということだけだったんです。



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)