人に”好かれたくて”悩んでるなら、人を”嫌い”になれ






2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

「人に好かれたい」は100%叶わない

これはどんなに魅力的な人間であっても同じです。なぜなら、相手が本当に自分のことを好きかどうかはわからないからです。証明ができない以上、答えは1生かかってもでないもの。精神病になってしまう人はこれについてずっとぐるぐると答えの出ない悩みを続けてしまうのではないでしょうか。わからないわけですから、それが「叶う」ことはありません。他人の事は自分ではどうにもならないことなのです。

相手を思いっきり嫌ってみる

実際のところ精神病に悩まされる人の多くは、人に”好かれよう”という、人を”好きになる”という主体的な動機ではない受動的な動機でまわりくどーく人間関係を構築しようとする心理をもっている人が多いと思うのですよね。

この「人に好かれたい」という受動的発想が認知の歪みの根源なのです。なぜなら他人が自分を好きになるかどうかは他人の課題であり、自分ではどうすることもできないからです。

人に好かれたいと思うのをやめよう!と思ったとしても、これが中々当人にとって難しかったりします。なにせ今までの人間関係の構築方法の根源を変えようとするものであり、新しいその方法について一から学びなおさなければならないからです。そこで今回は、その皮きり、”ショック用法”的措置として、「人を嫌いになる」という対策を提案します。

おやおや、人を嫌いになるなんて穏やかじゃないですね…と思う方もいらっしゃると思いますが、ここでの「嫌う」というのは”hate”のような憎しみを伴うものではないです。相手を攻撃するためのものではありません。人間関係の構築において、そのつながりをばっさりと切る、この人とは合わない、縁が無かったという感じの感覚で関係をぶったぎるという感覚です。ちょっと具体例を用いてみます。

道ですれ違う人が自分を見ている気がする…

「あ、今目があった…なんでみんな自分の顔をジロジロみてくるんだろう、自分はどこか変なのかな…」

全員縁の無い他人としてばっさり切りましょう。道ばたでしか出会わない縁なんてほとんどないようなものです。その辺の石ころ並みの縁と変わりません。こんな他人にまで好かれようとしているなら是非ここは”嫌って”ください。そもそも、道行く他人の人と実際にどうにかなるというのは自分から何かしない限りはほとんどありえないことです。そんな相手のために一々気をもんでも意味がありません。

特にここ日本という国は顔しかしらない相手に話しかけようとする人は本当にごく少数ですし、おそらくほとんどの人はこういった他人をどうでもいい存在だと思っていると思います(ここは完全に想像ですが)。つまり、実際に友人や恋人となりうる人間関係の構築が起こりうる人間というのは実際のところは多くとも会社の部署や学校の同学年ないしはクラスメイトというような自身が所属する組織の中の非常に限定された場所にしか存在しないわけです

つまりそれら特定の自分が所属する組織、社会の場所以外で出会う他人という存在はみな等しく縁が無ありません。そういう人達にまで好かれようとするのははっきりいって不可能というか横暴、いや、とんだ勘違いさんです。電車とかそういった場所も同様です。会話も発生しえないような人間関係にまでこだわるのは疲れるだけなのでやめましょう。

こんな感じで身近な人間関係においても、それが自分にとっていい人間関係でなかったり、「好かれよう」とする自分の存在によってそれが成り立っているなら、それをやめる、その関係を断ち切ってしまったほうがいいでしょう。好かれるのではなく、少しずつでいいので自分が相手を好きになるように人間関係を構築する考え方に切り替えていければずっと楽になります

多分精神病になる人は人を嫌いになること自体にどこか罪悪感を感じているということもあると思います。

しかし、それは勘違いです。人間色々で、考えていることも価値観も違うので、かみ合わなくなることは普通にあることです。

だから人を嫌いになるということは自然の摂理が如く合理なのです。人を嫌うということを学んでください

人を嫌いになれたらそんな自分を自分で認めてあげましょう。それは自分の意志や価値観で、その人とは合わないと自分で判断して決めた証です。誰かを嫌いになるということは、それだけ自分を肯定することができているということでもあるのです。自分で何かを決めることはとても素晴らしいことです。たとえそれが人を嫌うことであっても、それは人を好きになることと同じくらい大切なことです。

仮にそれで自分の好きな人が誰一人いなくなったとしても、それはしょうがありません。自分が嫌いなもんは嫌い。それを無理に変えるのはできないでしょう。どうしても好きな人が欲しいなら探しに行けばいいのです。職場を変えるなり習い事を始めるなり、新しい場所や社会に入って出会いを求めればいい。孤独が好きなら一人で楽しめる趣味を探せばいいんです。現代社会は一人でも十分幸せに生活できますしね

自分で考えて判断して、自分自身を構築しなおしましょう。今までやっていた人に好かれるための努力はやめてください。自分が相手を嫌いになったり好きになるための努力をしましょう。



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)