テレビ「日本すごい!」- 馴れ合いのような日本礼賛ブーム –






2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

「日本のこんなところがすごい」

「自分の国ではこんなことはない」

「私も日本に住んでみたい」

こんな感じのコメントを残してくれる日本に来た外国人さんがテレビなどでよく紹介されるようになって日本礼賛ブームがおきてますね。

「日本ってこんなにすごい国なんだ!もっと自信もっていいんだ」と褒められて気分が良くなる人もいらっしゃるかと思います。

しかし正直なところ、誰かがほめてくれたからって、だからそれがどうした?って話なんですよ。褒められたからって何が変わるの?って話なんです。

褒められているのは”他人”で、”自分じゃない”ことに気づこう

そもそも、こういう日本を礼賛するような番組が受けるのは、主に、まるで自分がすごい人間になったかのような“全能感”が得られるような気になれるからだと思うのですが、そもそも彼らが褒める”日本人”と、”自分”ってかなり離れた存在で、日本人というステレオタイプを褒めているだけ。具体的な一人の日本人を褒めていることもありますが、それだって自分とは関係のないアカの他人なわけじゃないですか。

日本の漫画が世界中で賞賛されているとか、日本のアイドルは世界でも人気とか。でもそれって自分と関係ありますかね?芸能人が何かすごいことしたら、それで自分もすごいってことになるんでしょうか。



ものすごくある漫画が売れて、その作者は確かにすごいですけど、自分自身がすごい、ということにはならないですよね?

外国人に日本すごいと言われて日本人すごい!→自分すごいって思うのは、「俺の友達が100点とったんだぜ。すげーだろー!」って友達に言っているのと同じことですよ。

「いや君関係ないやん」て話です。

褒められても自分は何も変らない

こういうのって間接的に自分がほめられている感じがするから受けてるってこともあると思います。

でもね、誰かがほめてくれたからって、それで自分が何か変わったりはしないのですよ。今までと変わらない自分がただそこにいるだけ。人に何か言われたら人間は成長するか、といったらそんなことは全くない。成長するときは反省して次に繋げるために自分を変えようとしたときだけです。

褒められたいって考えてしまうのってそれだけ自分に自信がないってことなんです。誰かに認めてもらえないと、自分に自信がもてなかったり。でもそれってどうなんでしょう。すごく窮屈ではないでしょうか?

そういう意識があるってことは、自分から行動するのにすごく体力を使ってたりするんじゃないでしょうか?人目が気になってしょうがなくって、誰かが見てるってだけで、今自分がしていることをやめちゃったりする。そういう人生って楽しいのでしょうかね?不自由じゃないでしょうか。人の目ばかり気にして、本当に自分がしたかったことを殺しちゃうなんてもったいない話ではないですか

人間って本来は自分で自分の行動をきめられるし、自分の価値も自分で決められるんです。だから時に間違ったりすることもある。でもそれが人間です。

今の人達ってそういう「間違うこと」をすごく怖がっている。間違ったらダメだと思っている。間違ったら終わりだと思っていて、常にそれを気にしてしまっている気がします。

でもそれは自分が人間であることを否定しているのですよ。

完璧じゃないとだめ。誰かに嫌われるなんて、否定されるなんて、バカにされるなんて、そんなのとても考えられない。「自分のことをもっと褒めてよ!否定するやつは要らない!」

なんて、人間の不完全性を拒否しているんです。

人って全然完璧じゃありません。自分は間違いなくそんな不完全な人間で、それこそが人間らしさなんですよ。なぜ人は人のことを嫌うのかといったら、それはその人の趣向に合っていなくて、不快だったりするからで、そうやって本当の自分を出して嫌われるっていうならそれはむしろ人間の本懐です。

だから例えば常に完璧を装おうとして“作った自分”が嫌われるって相当しんどいことなんだと思うのですよ。いわば、自分の信じている”神”を冒涜されるようなもんですもの。こういう性質が精神疾患にも結びついているような気がするんですよね。



まとめ

人間って全然完璧じゃないし、全然賢くないし、全然バカな生き物です。ヴァー。今日もどこかで”色んなバカ”やって生きている。やれ破産しただの、誰かに嫌われただの、ハゲただの不毛なことで無駄に頭を悩ませているではないですかハゲだけに。ウハハハ(^0^)

人間なんてこんなものなんですよ。

その中でも外国人に褒められたからといって日本人すごい、だなんてのは相当おバカで無知もいいとこ、間抜けなことやってるんです。

もし本当にすごい何かになりたいのだったら、少しでも賢くあろうと自分を成長させる何かをしたほうがずっと建設的です。自分がやりたいこと、夢中になる何かを見つけて、ひたすらそれに取り組む。

周りなんて関係ないんですよ。周りにどう思われているかではなくて、自分が何をするのかだけが、人生で大事なことなんです。



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)