ENTPは自分の人生の”軸”がわかると行動しやすくなります – MBTI考察 –





ENTPはフレキシブルで、いろんなことに興味をもっていますが飽き性なので何かを続けたり、成就することに関しては大きな壁があると言われています。

しかしいくらバラバラといっても、そこまで節操がないということはないんじゃないでしょうか。自分の興味の対象をざっくりとカテゴライズしてみると、案外それはいくつかのジャンルに絞れたりするのではないかと思います。

自分の行動の指針を見つける、または決めることができれば、ENTPの欠点と言われている性質でさえも活かしていくことができます。

重要なのは自分のコアを見つけること

人の行動には、なんらかの軸(コア)があって、それを起点として興味をもったり考えたりします。

そのコアが何であるかを発見できれば、自分の行動を客観視できるようになり、自分らしく行動ができていると確信をもてるようになります。

コアというのは具体的というより抽象的で形のない、けどそれを軸とできるような、概念、つまりは哲学ですね。自身の哲学が一体何なのかを知ることができれば、自分にとって最も大切なことは何なのかが見えてきます。

本質理解がコア:ENTPの性質を活かす

そのコアの発見を助けるのに、MBTI診断を使いましょう。ENTPは外向的直観を駆使して物事の本質を直感的に理解する能力があります。

ENTPはすでに具体化された何かや確立された手段そのものにはあまり関心がないと思います。表面的な何かを見てもなんとも思いませんが、その裏に隠れている何かを垣間見た時、非常に強い関心を示すことがあります。

例えば子供の頃、おもちゃで遊ぶよりもそのおもちゃの構造がどうなっているのか気になって、バラバラに分解して確かめたりするなど、その内面がどうなっているのかについて知ることに人一倍興味がある人が多いと思います。

これはつまり、ENTPにとっての本質的な興味の対象は、ある何かの本質を確かめようと、探究することにあるということです。

例えば哲学的探求によって自分自身の存在について探求したり、社会や身の回りで起こっている出来事について多角的な視点から観察することで実際に起こっているその本質を見極め、真実を明らかにすることに尽力できるということです。

ENTPはこれを軸にして物事について考えたり、行動するようになれば、おのずとその興味対象は絞られ、自分が本当にやりたいことが何なのかがわかっていくのではないかと思います。

絵を描くことを例にして説明してみます

ENTPが絵を描く場合、まずなぜ自分は絵を描くのか、その本質的理由を明らかにすることでより意欲的になることができます。

ENTPのコアは本質理解のための探求です。つまり、なんらかの本質を明らかにすることを目的として絵を描くことで、絵を描くための強力な目的を作り出すことができるということです。

例えば私自身は絵を描いていますが、自分が絵を描きたいと思うのは、その対象の内面を感じさせるなにか、つまり対象の本質が見え隠れしているように見えた時です。

これは主観的な問題で、自分さえそう見えていれば後はどうでもいいのです。自分がそう納得しているかどうかが大事なことです。

「人の顔」は私にとっては強い興味の対象です。顔つきや微妙な表情の違いからは、その人の内面が滲め出ているかのような感覚があって、特に意志の強い表情をしている人の顔に惹かれます。

それを感じ取ることができると、それを絵にかき取りたいという意欲がわいてきて、自然と手が進むのです。その現れているものを描き取りたい、そのためには一体何を理解すればいいのか、そう考えることでそれを作り出している頭蓋骨や筋肉の仕組み、人の内面やその本質など様々なことに興味を持ち始めます。

言わばENTPにとって何等かの事柄に興味をもって実行することは一種の哲学なのです。歴史上の人物でENTPと言われているレオナルド・ダ・ヴィンチは絵を描くことを科学だととらえ、人を描くためにはその本質を知るために人体解剖まで自らの手で行いました。

XNTXタイプは何事も理屈、合理で考えるわけですから、あらゆる対象には理があると考えているわけで、それは絵や感情といった、一見アナログのような性質をもつものであってもそれは同じなのです。

本質追求を途中で”やめなければ”もっと深くまで行ける

ENTPの思考は抽象的で外部に存在する事象を観測し、その本質を見抜こうと思考します。

つまりENTPはこの本質追求をある対象に対してし続けることができれば、結果的に様々な物事が継続していくのではないかと思います。

例えばプログラミングのオブジェクト思考について学ぶ時、ENTPは実際のコードの書き方や、論理的なロジックの構築を学ぶというよりも、オブジェクト指向という概念を成り立たせているポイント、つまり本質を直感的かつ概念的に理解しようとします。

ENTPが多芸だと言われているのはこの直観力のせいです。直観力によってこれはこうではないか、という仮説を頭の中で立て続け、それを立証するために本質を確かめようと思考するのです。

恐らくENTPのほとんどは仕事を誰かから教えられなくても勝手に自分で学んでいくタイプの人が多いのではないかと思いますが(むしろ学び方を強要されるとうんざりする)、それもその直観力のおかげだと思います。

よってある事象や物とについてその奥に眠る本質、つまり”基本”を理解しているタイプなのだと思います。基本を良く知っているからこそ応用力があり、それがいろんなアイデアの源泉になるのだと思います。

コードを書く行為の中でENTPはいわばその本質を探す“探検”をしているのです。

“オブジェクト指向という構造を最も効率的かつ有効活用することのできるようになるには、それを成り立たせている本質的要素を明らかにすることが一番の近道のはずだ”と。

そうして得られたものをもとに、オブジェクト指向の本質を理解したソースコードを作成できる能力が培われていきます。

その本質はもっと奥にあるのかもしれない

ENTPが途中で何かを放り出してしまうのは、その対象の本質の全てが見えたと満足してしまうことにあります。ですが実際のところはまだまだ浅いのかもしれません。

もっといろんな観点で観察したり、より深く取り組むことで、更に深い本質の部分にたどり着くこともあるかもしれません、

ENTPが何かを学び”続けたい”と思ったり、何かを”継続したい”と考えるなら、その過程には全てなんらかの合理的な”それを行う理由”が存在していないとそれも難しいのだと思います。ENTPにとってなんの意味も見出せないことを繰り返し行うのは苦痛でしかないからです。

なので私としてはENTPには哲学が必要なのではないかと思っています。哲学的思考を身につけることで、より対象の深いところにある本質に迫ろうとする能力が養われるのではないかと。

哲学をすることによって対象の深いところに眠っている本質を見つけ出す訓練をすることで、あらゆる対象の本質探究に没頭でき、自分が興味を持った事柄に対してそれを無限に行うことができれば今まで誰も見たことのなかった世界を見ることができるのかもしれません。

哲学入門 (ちくま学芸文庫)
バートランド ラッセル
筑摩書房
売り上げランキング: 28,198

フレキシブルな性質を”長所”として活かす

興味のある対象を一つにしぼることが難しく中々一つのことが続かない、と考えてしまうとただの欠点ですが、別に途中でやめてしまっても、また再開すれば問題はないと思います。よくないのは、そうやって続かないことを理由に、自分には向いていないと永遠に辞めてしまう事なのです。

1日中ずっと同じことをするのが苦痛なのであれば、そういう自分の性質をあえて受け入れた上でそれを活かした方がずっといいのです

確かに一つのことに集中していった方がそれ自体の伸びは早いと思います。しかし、他のことを並行しながら何かができるということは、それらをつなぎ合わせて全く新しいことを思いついたりするチャンスを持っているということでもあります。

新しいアイデアは既存の何かと何かを掛け合わせて生まれると言われています。ENTPはむしろフレキシブルに、いろんなことをに手を出しながらそれらを少しずつ成長させ、ある程度の成熟段階に至ったときに様々な力を発揮できる可能性を秘めています。

一見短所とみられる性質も、見方や使い方を変えればそれは長所です。うまくつかって自分の人生に役立てていけばいいのです。

シェアはこちらです!



より踏み込んだアドラーの実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学です。

それは人の解釈という、実際には他者と全く共有できていないものの問題だからで、最終的には自分が気づく必要があるからです。

当サイトでは管理人のElepanがアドラー心理学を元により深く、より根本的な思い込みの解消、哲学を実践実施した結果、その考察と気づきをまとめております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
My哲学


主に「人の心」について、私個人の哲学考察をまとめたものです。


孤独 認知論
MBTI考察


MBTI関連の考察記事です。ENTPが多め


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

MBTI : ENTP

1 個のコメント

  • 素晴らしい分析だと思います。
    私もENTPーTで人の顔によく注目して、眉間、シワ、目、口元、言葉の発し方、語尾の切り方などで性格分析して相手を見ることが良くあるので面白いと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)