嫌われるのは悪い事?





人に嫌われるのは悪い事、人に好かれるのは良い事と思っていらっしゃる方は多いと思います。実際私たちは子供の頃にそう教えられて育つ人がほとんどですから、これに疑いを感じた人はあまりいないと思います。

ですがこれについて論理的に考えてみると実はこの答え達はおかしいのです

この世は全てニュートラル、中性である

まず大前提として、この世には真に正しいことも間違っていることもありません。つまり本質的な悪い事、良い事はないのです。

これはきれいごとでもなんでもなくこの世の真実です。この世の全ての事象はそもそもそのような概念すらない真っ平なニュートラルなものであり、全てがただ存在しているだけのこと。森羅万象に宿る物理法則だけがこの世の真実であり、この世の全てなのです。

哲学:自分の不幸は自分自身が作り出したものである

物事に良し悪しという価値をつけているのは”人間”です。“神”などにおける絶対的な存在がつけているわけではないのです。”価値”という考え方すら、人間が考えたものでしかありません。

そもそも悪い事って具体的に何?

悪いことが何なのかについて考えてみましょう。「悪い事」って具体的になんでしょうか?「良い事」ってなんでしょう?

悪い事、つまり「絶対悪」という存在があると仮定して考えてみます。それはなんでしょうか。

誰もが認める「絶対的な悪い事」とはいったいなんでしょう。

───人を殺すことでしょうか。しかし戦争であればそれも正当化されます。

───人を傷つけることでしょうか。格闘技の世界ではこれがなくては始まりません。

───人の悪口を言う事でしょうか。ラップのディスり合いはこれがないと盛り上がりません。

───自ら命を絶つことでしょうか。国の政策への抗議として自らの体にガソリンを被って焼身自殺したティック・クアン・ドックは世界的に英雄視されています。

つまり「悪い事」や「良い事」というのは、その場の環境や人々の采配や考え方、価値観、宗教感によって意図も簡単に変わってしまうものなのです。絶対的なものでは無いのです。

ほかにも、各国の価値観やマナーの違いというものがあります。ある国では推奨されているが、ある国では推奨されないというのはよくありますよね。

イギリスでは鼻をすするのはマナー違反ですが、日本は別に何もいわれません。日本では自分を出さずに下出にでるのが良しとされていますが、アメリカは自分を出してアピールできないと逆に印象がわるくなったりします。

人間の決めたあらゆる決まり事、価値観は、究極的に全てそれぞれの人の都合の域をでないのです。この世には絶対的な正、偽というものはないのです。



「良い事」も「悪い事」も「正しい事」も「間違っている事」も、本当は全部自分で決めることができる

親のいう事は必ず聞かなければならないということはないし、目上の人には必ず従わなければならないということはありません。本当は、それも全て全部自分で決めていいのです。

人は親に育てられていく中で、親という存在によって、正しいことや間違っていることを教えられていきます。親からは親の思う正しさや間違いを教えられますが、それが全てではなく、彼らの世界の中の価値観や考え方でしかないのです。

親からの育てられ方によっては、親や目上の人の意見に逆らうことを絶対的な悪行のようにとらえてしまいがちですが、物事の本質は常にどちらでもなく、ニュートラルなのが真実であり、いかなる状況においても善悪という存在はありません。

人に嫌われることを悪い事だと思うのも、そうやって親や周りに彼らの価値観を押し付けられ、結果それを自分が受け入れてしまっているだけにすぎないのです。



人の作った価値観に従うのではなく、選び、使うことが重要

人に嫌われることによって一体何が起こるのか、好かれることで一体何が起こるのか。これは多分その時の周りや自分の状況によって得られる結果は異なるでしょう。

場合によっては嫌われていた方が”都合がいい”(これも単なる個人の都合によるものですが)こともあります。例えば嫌われることを商売にしている人。昨今ではSNSで大規模に炎上して、知名度を上げて自身の仕事の糧にする人もいます。

人に好かれるということも、相手に気を使って自分を偽った姿を相手に好きになってもらうことばかりが気になり、ストレスがたまり不幸を感じながら毎日をすごすこともあるかもしれません。

人は過去から現在まで、様々な人々が考え、受け継いできた価値観や考え方があります。

重要なのはただそれに従うのではなく、それを”選ぶこと”、”使っていくこと”、または新しく”作り出していくこと”、この3つが重要だと私は思っています。

嫌われてもいいや!

これらのことから導き出される答えとして、つまり人は、「嫌われること」そのものを肯定することも否定することも、どちらも自由に、自分の好きなように選択して決定することができるということです。

嫌われている自分を肯定することも否定することも自由。好きになることも嫌いになることも出来る。それは自分の生きる目的によっていくらでも変えていいのです。

この世に真に正しいことも間違っていることも無い以上、それを”自分の世界”に正しい事、間違っている事として定義しているのは他者や社会ではなく、他でもない”自分自身”なのです

自分の人生をそれが邪魔してしまっているのなら、開き直ってその重い荷を肩から下ろしてしまえばいいだけなのです。

嫌われる事や嫌われる自分を否定したり拒否するのではなく、単なる事象として、自分の世界の一部として受け入れてしまえばいいだけなのです。



私自身の場合

ちなみに私は自身が嫌われることを肯定しています。だってこれを否定していたら、人に好かれることしかできないことになる。

それは失敗を恐れることにつながって、自分の人生の邪魔にしかならないということを、今までの人生で嫌というほど味わったからです。鬱になった根幹的な原因もそれでした。

嫌われる自分というのを受け入れるだけで、本当に何でもやってみようという気になりました。絵を描いたり英語を学んだり、本を読むようになったりこうしてブログを書いたり。たったこれだけのことで、コレだけ多くのことをたのしめるようになるのですから、嫌われることを否定し、恐れていた自分がどれだけ自分を縛っていたのかを痛感しています。

大事なのは人生の「指針」を持つこと

つまり人生を幸せに生きるうえで大事なことは、自分が一体何のために生きるかという指針が必要ということです。その指針にそって、自分の考えや価値観、行動を決定していくことで、自分の行動や存在に納得でき、幸せに生きていくことができるようになります。

自分は承認欲求を捨てられるているかどうか確認してみよう

指針の決め方

何を元に指針を決めるべきなのかと言えば、凡たる私からの意見として言わせていただければ、自分のしたいこと、やりたいことを指針にすべきだと思います。

自分のしたいことややりたいことによって、自分の幸せを作っていくのが一番オーソドックスな形かなと思います。

人の生きる目的というのは様々でしょうが、幸せになりたいと考えている人の方がおそらく多いと思います。であればその幸せを得るために、自分はなにをすべきなのかを考えるのです。

自分の指針から打ち出されたものを他者や社会にぶつけていくことによって、自分の人生の歩き方がわかってくるのです。

どうすれば目的を達成できるのか。どうすれば自分のやりたいことが実現できるのか。生きる目的のために何をすればいいのかを考えることになります。

人生とは、生まれてから死ぬまであらゆるさまざまな事象を体験する期間といえます。その期間のうちに何をするのかをきめてまっすぐそれに向かって突き進んでいくことが、個人の幸せにつながっていくのではないかと思います。

いやな気分よ、さようなら コンパクト版
デビッド・D・バーンズ
星和書店
売り上げランキング: 7,425
シェアはこちらです!



より踏み込んだアドラーの実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学です。

それは人の解釈という、実際には他者と全く共有できていないものの問題だからで、最終的には自分が気づく必要があるからです。

当サイトでは管理人のElepanがアドラー心理学を元により深く、より根本的な思い込みの解消、哲学を実践実施した結果、その考察と気づきをまとめております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
My哲学


主に「人の心」について、私個人の哲学考察をまとめたものです。


孤独 認知論
MBTI考察


MBTI関連の考察記事です。ENTPが多め


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

MBTI : ENTP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)