哲学:いかなる人間も、何もわかっていないし、何も知ってなどいない





結局のところ、人がどれだけ”神”のような存在に近づこうと知恵を絞ったところで所詮はその真似事にすぎず、人間の域を出ることはない。

宇宙からミクロの世界まで、これだけの広大かつ様々な階層からなる物質世界の中で、そのほんの一部でしかない存在である人間が、その世界を本質的に理解しようとして、例えば物理学という”パターン”をいくら観察し”理解”したところで、“この世の全てを知った”とは到底言えないと思われる

そもそも、それは脳を駆使してできる人間的機能限界の範囲内で解釈を行った結果であるものにすぎない。

人間によって導き出されたそのパターンは人間が識別できる単なる“式”であって、式は人によって使用された時にだけ効果を発揮する“道具”であり、それ以外の瞬間は人が意識している限りにおいては単なる“記号”であり、人が意識していなければ存在しないものである。

となると、人が見ている対象とその本質的なありようは大きく異なるというか、ズレているのではないか

人間の認識している世界とは

人間が考えたり、作りうることは全て、人間が何らかも目的に使うための道具の域をでず、人間が存在しなければこの物質世界においてそれらは何の意味もなさないただの物質的存在か、そもそも存在そのものがなくなる。

もう少し具体的な例で説明すると、例えばある場所の掲示板に鉛筆で文字が描かれた紙が張られていたとする。

そうすると、それはそこに人の存在があり、かつその人がその紙に書かれた文字を解釈しようとした時にはじめてそれは”文字”として“意味”を成していることになる。

人以外の生物、猫や犬がそれ見ても、それを“文字”として識別することはできない。彼らからすれば障害物やなんらかの興味を惹かれる物体程度くらいにしか識別してはいないだろう。

そしてなんらかの意志をもった存在、生物そのものが存在しなければ、そこに何かがあるという解釈すら発生せず、全ては”無”ということになる。

人間の問題に立ち返るとつまり、そこに書かれた文字を解釈する人間が存在した瞬間にだけ”文字”という概念は存在し、”文字”として機能しているのである。

人間という存在が仮にいなくなると、そこに存在するのは単なる物質か、それを観測できるものがいなければ究極的には存在すらしていないのである。

“存在”とは、観測者がいて初めて成り立つ概念でしかないのだ

デカルトの、「我思う、故に我あり」である。



人間という意識をもつ存在が世界を作っている

世界に存在する”ありとあらゆるもの”に意味をつけているのは人間であり、その世界を観測しているのも人間である。

草、木、地、空、虫、鳥、人間など、それらの名前や識別された記号たちは、全て人間が付けたものにすぎず、もし人間がいないければそのような名詞的概念は存在しえない。ただ全てがそうあるだけというだけである。

それはつまり人間がいなければ”世界”もまた存在しないことを示している。世界は人間に観測されることによって、存在していることを証明することができる。

“人間が観ている世界”をより具体化していけば、それは“各個人の観ている世界”のことである。

つまり世界とは、各個人が独立して持っている相容れることのない存在であり、世界の終わりとは”個人の死”を意味する。

それが”世界”といわれているものの本質なのである。

故に人は誰一人として、自分の観ている世界を他の誰かと共有などしていない。共有していると思うのは全ては単なる思い込みである。

常識や共通理解と誰かや社会によって言われている、自分の外にある概念や何かは、全ては思い込みでしかない。

(余談:故に常識や、「周りもやっているから」などという意見を振りかざして主張する人ほど思い込みだけで物事を語っているにすぎず、自分で思考していないことを示している。)

人は自分の意識と、自分の感覚器官を伝わって感じることのできる情報しか本来は感知しえない。

自分以外の人の内面を知覚できない人間にとって、他の人間達が考えていることや、そうやって”言われている事”を理解することなど根本的に不可能なのであり、”理解していると思っている事”の出どころはどこなのかと言えば、自分のこれまでの記憶や経験、思考から他者を推し量り想像しているだけでしかない。

そうやって他者の内面を形作っているだけにすぎず、相手の”悪意”も”善意”も、全て自分で補っている妄想の産物なのである。

先程の”式”の話題に話を戻すと…

いくらそれが既に”証明”された、確実な式であったとしても、例えば人はその物理法則を証明する式を使って、リアルタイムで世界を観測、把握しているわけではない。

人間は今身の回りで起きている物質の動きやその理をあるがままに理解したり解釈したりなどできていないからだ。

人間の理解とは、ある対象や事象を人間が理解しやすい形である“記号化”を行うことによって行っているだけで、物事を理解した気になっているだけである。式もその一つでしかない。

言語による情報伝達の曖昧さ

人の意思疎通ほどいい加減で雑多なものなどない。

人間は何かを情報化して伝えようとするとき、その思考を言語化する。

言語とは、ある複雑な物理現象や自分の思考を言葉に変換し、端的にかつ効率的に意志伝達するための手段であり、概念的に説明するだけに留まるものである。

仮に全て論理思考によってそれをあるがままに伝達しようとしたらそれは人間の機能的に不可能である。

例えば自身の内面で構築されている”ある論理構造”を口頭でそのまま誰かに伝えることは不可能だ。伝えるにしても、結局それを相手に伝えるには言語化して伝えることを選択せざるをえないからである。

人の思考や感情、論理を全て言葉にするには現実的に非常に困難を極めるものであり、そのほとんどが省略されて相手に伝えられる。

となると、その省略された分は伝わらないか、相手によっては拡大解釈されることもある。ここに人と人の意思伝達におけるギャップが発生する

哲学:人の意思伝達は3割も伝わらない

人は様々なフラットな物質世界の事象について、自分に都合よく記号化して理解していると考えているだけの生き物にすぎない。

そんな人間が他人の内面など理解できているはずもなく、自分が考えていることを他人も同じように考えている想像することはできるが、実際にそう考えているかどうかを確かめることはできない。

そう考えると、人間の生み出したスーパーコンピューターとは、人によって作りだされた論理思考のみをもつ物体と言えるのかもしれない。あれほど論理思考の完全性とその再現性をそなえた存在は他にない。



物質を記号化、加工することによって生まれる”道具たち”

式とは、ある事象を科学的に観測しようとする行為においてその真価を発揮しているだけで、つまりは“道具”である。

道具は使うためにある。つまり世に言われている科学的に証明された事象、数学的根拠の意味するところは、人々の経済や科学技術の発展を目的、あるいは前提として考案されているものであって、本質的な対象のあるがままの本質的理解には程遠いし、それは人間ができることじゃない。

結局のところ、人間が作り出したものの多くは人間の脳によって解釈された記号、推測、想像の域を出ず、人が本当に”知っていること”、”感じ取ることができているもの”など、精々5感を駆使して感じられる程度のものでしかないのではないか。

人間は無知な存在である

人は何かをわかっているようで、実は何もわかっていない。基本的に人は無知な存在なのであり、ありていにいえば単なる”知ったか”である。

こうして私が書いているこの記事も、結局は知ったかなのだ。人間はどこまで行っても無知であり、無知の壁を越えることはできない。しかし、その壁に挑み続けることができるのも、また人間である。

いくらわかっているように見えても感じても、その対象の本質には程遠いものでしかない。その限界を超えられない、人間という限界の中でしか理解するという行為をできないのが人間という生き物ではないだろうか

シェアはこちらです!



より踏み込んだアドラーの実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学です。

それは人の解釈という、実際には他者と全く共有できていないものの問題だからで、最終的には自分が気づく必要があるからです。

当サイトでは管理人のElepanがアドラー心理学を元により深く、より根本的な思い込みの解消、哲学を実践実施した結果、その考察と気づきをまとめております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
My哲学


主に「人の心」について、私個人の哲学考察をまとめたものです。


孤独 認知論
MBTI考察


MBTI関連の考察記事です。ENTPが多め


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

MBTI : ENTP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)