そのうつは「好かれたい」が原因かもしれない




Twitterで気づきのつぶやきやってます→

2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

「誰にも好かれていない」ことについてどう思う?

「あなたは誰にも好かれていません」

例えば誰かにこう言われてしまうと、人によってはすごくショックを受けてしまうのかもしれません。

その”ショックの原因”は人に好かれていなければ人間としてダメ、価値がないと自身を定義しているところにあります。

もしそれが原因でうつになっているなら、「人に好かれていなければならない」ということを考えることはとても損な考え方なののではないでしょうか。

もしこれをやめることができれば、自分の人生はもっと軽く、楽しくなるのではないでしょうか。

慢性的なうつにさらされている人の中で、「好かれない自分」が嫌でしょうがないとか、それを理由に孤独を感じてそれが原因でうつ病になっているのだとしたら、

そういう考え方はもうやめてしまった方がいいです。別にこの世に自分を好きな人はいなくても人は生きていけます。昔の村社会ならそれも今よりは難しさがあったでしょうが、それでも一人で生きていけないわけでもなく、ましてや現代社会は経済社会であり誰にも好かれていなくてもお金があれば生きていけます。

仮に本当に人に好かれなければ生きていけないのだとしたら、今この瞬間生きている自分はいったい何なのかという事になります。

そもそも相手が考えてることは自分にはわからないので、相手の好意というのもそれは同じです。相手の考えてると思っていることは、自分の思い込みでしかないんです。

嫌われるのは悪い事?

「好かれたい」はやめて、「好きになる」だけで生きていこう

相手の考えていることを人は真に理解できない以上、真に好かれることもかないません。それが人というものです。

ですが、人は誰かや何かを自分から好きになることは確実にできます。

そういう自分から発信する気持ちに素直に従って生きればそれで十分幸せで、相手から発信される気持ちにならったりしなくてもいいのですよ。

哲学:現代社会の「うつ」の根源にある「余剰過剰な偶像崇拝」

何かを好きになったり、嫌いになったりすることだけ考えれば、それで十分幸せである

人に好かれることを気にしている人は、例えばそれが人なら相手に好かれなければ相手を好きになってはいけないとか、相手に嫌われなければ相手を嫌いになってはいけないという風に考えているところがあります。

自分にはそんな資格はないとかそうやって自分のことを決めつけて自分の気持ちを否定するわけです。

でも相手の気持ちを考えれば考えるほど人というのは不幸になっていくもので、というのは相手の気持ちはどれほど必死になって考えてもわかりませんし、

その相手の都合でコロコロ変わるので捉えどころもありません。

だとするならより確かな自分の気持ちに従って生きた方がずっと楽ですし、素直に生きることができます。素直に生きるということは自分の素直な気持ちに従っていきるということです。そのほうがずっと幸せになれるはずですよ。

“承認欲求が強い”ほど、”精神も幼い”ということ



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)