ENTPの私の思うENTPが誤解されやすそうな特徴 – MBTI考察 –





ENTPに限らず分析家グループは総じて感情面が希薄な傾向にあると思います。

その中では多分ENTPは感情が”ある方”なのだとはおもいますが、ENTPのそれは、感情をメインに使うFタイプのそれとは使い方が異なる気がします。

合理的に感情を使用する

ENTPは直観力があるので周りの雰囲気とかを察する能力は高いと思います。空気を察するのは得意な方なので、本人次第で即興でその場を取り繕うために行動することもできます。時には周りに笑ってもらうために道化を演じて、感情たっぷりに表現したりします。

しかしENTPにとってのこの感情の使い方はなんというか、一種の”手段”なんじゃないかなと思います。悪魔でそういう傾向があるという話で全てというわけではないと思いますが、感情はいわば本能のように発散的で自然と出てくるものではなく、感情の発露そのものが目的ではなく、問題解決という目的達成のために使う手段の一つという感じなんじゃないでしょうか。



例:目の前に泣いている人がいたとしたら…

そんな人を前にした場合、ENTPは相手の感情を察してかつ、悲しみに暮れている問題を“根本的に解決”しようと考えるのではないかと思います。

多くの場合はその手段として相手に助言を与えることになるのだと思いますが、場合によっては相手を慰めるという選択もするかと思います。

一見慰めるという行為は、ただ相手に同情するだけで何の解決にはつながらないように見える行動ですが、

「ここは下手な助言よりも、親身になって慰めた方がとりあえず現在の泣いている状態を解決することはできる」みたいな、目先の問題解決という目的意識が先だって行動している傾向があると思います。

つまり“計算”しているということなのですが、なんかこう書くと「黒い」感じがしますね。

別に全く相手の感情に共感していないということではなくて、察することはできるくらいには共感はしているのだと思いますが、いわゆる一緒に大泣きしたりとか、感情を共有しようとする意識はあんまりないのではないでしょうか。

一見では相手の気持ちに感化されているかのように見えて、実は計算が背後にあるって、なんだか相手を操ろうとしているかのようにもみえますね。

ENTPは正直者だと言われていますが、それはhonest(正直)とかpure(純粋)という意味ではそうでしょうが、多分faithfull(誠実)とはまた違うのではないかと思います。

ENTPの正直さって、自分の論理や合理性に対するもので感情面に対してはそうでもないのではないでしょうか。むしろ単純に感情で処理してしまうことにどこか抵抗があるくらいなのでは。

「いくら悲しみに暮れたところで何も始まらないし解決しない」などと、本音の部分では相手に対して、「慰めを求めるのではなくこれを機に成長すべきなのでは?」みたいなことを考えていることもあるのかもしれません。

しかし、現実的にそれを欲していない人々がいることも知っている場合はこの限りではなく、ならせめて目先の問題解決のために「慰める」という行動を選択をするのではないかなと思います。

おそらく、こういう特徴が強くある場合Fタイプからすれば時に非常に信頼のできないものとして映ることもあるのだと思います。

それは偽物の感情ではないのか、本当は全然違うことを考えているのではないのか、その非誠実な特徴を察し、嘘を付いているのではないかと取られてしまうこともあるのでしょう。本人に悪気が全くなかったにしても。



感情の使用を強制される関係は嫌がる傾向がある?

ENTPは感情を自らの意志で目的に合わせて使う傾向があるのではないかと思いますが、束縛を嫌う性質であることもあり逆にこれを”強要”される関係性をENTPは非常に嫌うと思います。

例えば、相手から自分の気持ちを共感してほしいと無理やり迫られると、ENTPはひどく窮屈な気持ちになり、なによりひどく疲弊させられるのではないかと思います。

特に精神面の束縛はとてつもないストレスを感じます。もともと感情の使用はそれほど得意な分野ではないでしょうし、ENTPにとっては結構な労力なのだと思います

ENTPにとっての健康的な人間関係は感情的な共感による繋がりよりも、外にある世界に対する概念や物資的な興味とそれに対する共感による繋がりで、会議などの意見交換が大好きなのも多分そういうところに関心があるからなのだと思います。

故にENTPは特定の人間との関係性に依存することがなく、だれに対しても接する態度はあまり変わらないと思います。

ENTPがある特定の”人そのもの”に興味をもつとしたら、それは「分析対象」としての興味ではないでしょうか。どうやったらこの人はこういう人格を得たんだろうかみたいな。どんな人生を送ってきたんだろうとか。

しかし”飽き性”でもあるので、納得するまで分析し終えたらある日突然相手に興味がわかなくなってフェードアウトなんてこともあるのかもしれません。そこまで冷たい人がたくさんいるとは考えづらいですが傾向としてはあるのかもしれません。

基本的にENTPは飽き性な性分も手伝って継続的な人間関係よりも変化のある人間関係を好むのではないでしょうか。大抵がサバサバしてるんじゃないですかね。

職場も転々とするのかもしれません。いろんな仕事をやってみたりして、そしてそれが出世機会を減らすこととなり平均年収を引き下げる要因にもなっているのかも。

というかENTPってそもそもお金にそんなに執着していないというか、ENTPが一番愛しているのは「自分の時間」で、その時間に自分が何をするかに重点を置いていると思います。

その何をするかが、時に誰かの欲に立つこともあれば、全く役に立たない事もある。誰かと一緒に何かをするかもしれないししないかもしれない。

でもENTPはそれで幸せなのかもしれません。知的好奇心を満たしている時がENTPにとって最も楽しい瞬間で、その好きなことが、時に人との討論であったり、何かに対する分析だったりするのだと思います。

ちょっと脱線してしまいましたが、ENTPの誤解されやそうな特徴を個人的に紹介してみました。

とはいえ所詮は一人の人間である私の個人的見解にすぎないので、いろんな方の意見も聞いてみたいですが、もし何かありましたらコメント頂けると嬉しいです。

シェアはこちらです!



より踏み込んだアドラーの実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学です。

それは人の解釈という、実際には他者と全く共有できていないものの問題だからで、最終的には自分が気づく必要があるからです。

当サイトでは管理人のElepanがアドラー心理学を元により深く、より根本的な思い込みの解消、哲学を実践実施した結果、その考察と気づきをまとめております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
My哲学


主に「人の心」について、私個人の哲学考察をまとめたものです。


孤独 認知論
MBTI考察


MBTI関連の考察記事です。ENTPが多め


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

MBTI : ENTP

3 件のコメント

  • 私もENTPなのですが、この説明がいちばんしっくりきました。
    先日、友人がイライラしており、当たられたのですが、悲しいや怒りよりも、じゃあもういいか、別の人と遊ぼう〜となります。そして何となく連絡を取らなくなったり……(笑)
    今までの思い出などより、興味の対象ではなくなったことの方が自分の中で大きいようです。そしてその悩んでる時間があった他にやりたいことがあるので、他の人からみたら冷たいと思われてしまうのかもしれませんが、自分がそんなに気にしてないのですよね……
    長くなってしまいましたが、あまりにも自分の心を言い表していたのでなぜだか感謝を伝えたくなりました。ありがとうございます。これからも楽しみにしてます!またENTPの素質について語っていただきたいです!

    • なんというか「観察」するのが好きなのかもしれませんね。ただ観察するだけじゃなくて「こうしたらどんな反応するんだろう?」「こういう振る舞いをしてみたら相手はどう返してくるかな?」みたいな感じで遊んでるようなところもあるというか。人間関係の在り方そのものからそんな感じだったりするのかもしれません。
      そういう気質があって、ENTPの人達は「特定の人じゃないと嫌だ」「この人とずっと一緒!」っていう風に考える人が少ないんじゃないかと思うんですけど、
      そう思わない人達から見るとその辺が冷たく映るのかもしれませんね。別にそこに相手を見下しているとか、そういう意図、悪意は全然ないと思うんですけどね。
      むしろ「それくらいあっさりしていた方が後腐れなくて楽でいいじゃん」、と相手にとってもそうだろうと思っているようなところもありそうですから、やっぱり悪気なんてないんだと思います。

      わかりました!また何か気づいたら書いてみますね~

  • 多分mibtの解説のサイトの中で群を抜いて当たってる。
    たまに本当の自分のキャラが分からない時がありますが、感情やキャラをツールとして使ってるって所にかなりしっくり来ました。正直驚きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)