メンタルの強さの正体。それは心のあり方の違い。




Twitterで気づきのつぶやきやってます→

2021年06月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

メンタルの強い人、弱い人というのは実は存在しない

それは悪魔で”見て呉れ”の話し。どんなに傷つくことを言われても鋼のメンタルという”防御力”のおかげで”耐えられる”とかそんなことではない。

だって別に耐えていないから。単に気にしていないからなんだ。

他人の言葉を本気にしていないだけ。

他人にけなされようが褒めれられようが好かれようが全く気にしていないだけ。

他人を巻き込んで自分のことを考えてない。他人の幸せが自分の幸せだなんて考えてもいない。自分の幸せは自分だけのものだ。

自分のことだけ考えているだけの人だから、。他人の都合に自分を合わせようなんてしていないから他人に何を言われようが関係がないというだけだ。

気にする人と気にしない人

他人の目を気にしたり、周りの空気を気にして、他人のために頑張る人は、周り化の評価はよくなるから「いいひと」に見られるけどその反面疲れやすく、他人の都合に感化されやすく、精神的なもろさを抱えてもいる。

でもそれを気にしない、他人の目を気にせず周りも気にせず自分の好きなように何かをしている人は嫌われても傷つくこと自体がほとんどなく、常に平静を保つことが自然にできる。

自分がいい人かどうかということに興味がない。それは他人の都合の話しでしかなく。しかもころころ変わるものだから、気にしても仕方がないから。

そういった何を大事にしているかという内面の違いが、外から見るとメンタルが強く見えたり弱く見えたりするだけの話しで、実際のところはただの認知の在り方の問題。

自分の在り方の問題。他人のことを気にしているか否か。自分の気持ちに素直か否か。それだけの問題でしかない。

他人軸か自分軸か

つまり、他人の気持ちを考えて行動する人か、自分の気持ちを考えて行動する人か。というそれだけの違いということ

その違いでメンタルの強さという”見て呉れ”は変わってくる。

見てくれなので、当人はきっと自分をメンタルが強いなんて言う風にはとらえてない。なんで他人に嫌われても平気なんですかと聞いてもあっけらかんと「気にしていないだけだよ」と答えるだけだ。

メンタルを”強くしたければ”自分軸になろう

他人ではなく自分の気持ちを考えて行動しよう。他人の気持ちは他人が考えること

自分が考えることは自分の気持ちだけでいい。

自分が他人のことを考えてもそれは余計なお世話でしかないし、一種の過干渉だ。

それにどんなに他人の頭の中を考えたとしても、所詮は自分の妄想どまり。人は自分以外の人間の気持ちなんて理解できるように作られてはいないから、そもそもそんなこと自体最初から無理な話なのだ。

そんな無理なことを、日本という国は村社会的価値観、察しの文化なんていって無理やり続けてきただけの話。それに自分も付き合わされてきただけだ。

その中で育ってきたからそう考えることが普通だと思い込んできただけだ。

国民総勢で無茶な、本当はやりたくもなかった他人の気持ちを察するなんてことを、やらなきゃいけないことだと思い込んでずっと我慢しながら続けてきて、苦行に耐え忍んで継承してきたというだけ。

しかしまぁ、なんでこんな無茶な文化をずっと長いこと、こんな近代になってまで続けてきたのだろうね?

疲れるだけなのに。面白くもないのに。他人が怖くなるだけなのに。自分で自分をつらい気持ちにさせているだけなのに。

それを優しさだとか思いやりだとか人間として当たり前だとかいって、そんな大義名分を背負ってまで嫌なことを繰り返してきたなんてね。

ただの余計なお世話なのに。過保護なだけなのに。

そんなに人間は他人に依存してなきゃ生きていけないなんてなんでそう思い込む必要があったのやら

他人の気持ちを考えて行動しても、他人の機嫌で自分の気分が左右されてしまいやすくなるだけ、他人を怒らせやしないか、嫌われやしないかとびくびくしてしまうだけだ。

自分の気持ちだけを考えて行動していればそんな風に考える必要は全くない。もしそんな自分の行動を他人がいやだ、不快だというのなら、それは他人が他人の口でそう伝えればいいだけのこと。そう言われたとしても自分がその人に何もしていないのに勝手にそんな言い分を言うのなら別に無視をしたらいいだけ。

そもそも、自分で口に出さず相手に「察してほしい」だなんていうのはいくらなんでも「甘え」でしかないんだ。だってこっちはそんなことしてもなにも得しないうえ、とても疲れるだけなのに、それを他人に当然のように要求しているのだから。

よく「他人の気持ちを考えないなんて冷たい人だ、自分のことしか考えていない自己中な人だ」という人がたまにいるのだけれど、

それは「自分を丁重に扱ってほしい」とか「かまってほしい」という要求を遠回しにして言っているだけ。

つまり自立していないんだ。自立しないまま大人になって、心は子供のまま、他人に自分を世話してくれることを親に求めるかの如く当然のように求めて言っているだけ。結局は与えられたい、世話されたいという自分の利益のためで、“自己中”なのはお互い様。

とはいえ、こんなことをいっている私こそ、まさにそんな人間だったのだけど、これはこれで結構苦しい生き方だった。いや結構どころじゃない。きつすぎた。自殺寸前だったので。

他人に期待することってめちゃくちゃ疲れるんだ。しかも疲れるだけで面白くもなんともない。どんなに期待したって他人は自分の思った通りになんか動かないもの。裏切られる場面の方がずっと多くて、そのたびに落胆して絶望するばかり。

期待しているから他人の目も気にしているわけで、この他人軸の在り方というのは、それ自分の人生を豊かにしようとしている自分の思いとは裏腹にほとんど自分で自分を苦しめていただけだった。

むしろ自分軸の方がよっぽど同じ自己中でもストレートであるうえに、他人の内面に付け入ろうとするような面倒な考え方をしないから他人を背負うこともないし、自分の欲求にストレートにすっきり楽に生きられる。明るく楽しく生きられやすい。

明るい人が周りにいた方が得なことは多い。周りも影響を受けて明るくなったりする。一方他人軸の人は、どこかおどおどしていたり、相手の出方を伺っていたりと、妙な緊張感が伝わってきたりして、むしろ付き合いにくさすらある。面倒くさいんだ。

言動も場合によってはネガティブになりがちで、周りに与える影響もあまりいいものはない。

であれば。自分は自己中な人間であるということをむしろ開き直って自分軸で生きた方がずっといいんだ。

人間関係も整理されて、素直な自分を好きな人と嫌いな人がはっきりする。その方がもっとすっきり人と付き合える。

いいことの方が多いんだよ。自分軸って。



もし参考になったらシェアお願いします!

自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)