“哲学”は既に死んでる




Twitterで気づきのつぶやきやってます→

2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

いつ死んだのかというと、それは恐らく古代ギリシアの時代にさかのぼるでしょう。

年代で言えば紀元前500年くらいでしょうか。

死んだ正確な時期は恐らく、哲学という言葉を最初に考えたピタゴラス、あるいは哲学の祖と言われたソクラテス、それを文献に残したプラトン、同じく弟子のアリストテレス。

彼らの誰かが死んだ瞬間でしょう。いえ、やはり最初のピタゴラスが死んだ時点か。

この時点で、既に”オリジナルの哲学”そのものは死に絶えているわけです。

人は”思想そのもの”を一切継承できない

人が残せるのは言葉や文章だけです。そしてそれらは単なる記号にすぎません。

言葉の意味や定義、思想についてまで人は実は一切共有できておらず、

言葉や文章を認識して、それを自身の脳に落とし込むために行われる「解釈」という行動は

全て人個人の頭の中でしかおきておらず、それを人は直接外に出力するようなことはできていません。

つまり解釈の結果を人は一切共有できていないわけです。それをいくら言葉に残したところで、

それを解釈する人の中でまた別の解釈結果が個人の脳内だけに出力されるだけであり、

ゆえに人は同じ思想を人はもつことができない、できているかどうかを確かめられないわけです。

人は孤独である – 人は真に理解しあえない –

思想などの五感で直接感じられないものというのは、全て個人の頭の中にしかないのです。

個人の死亡とは、すなわち個人という思想の宇宙の終焉。

それとともに一緒にその思想も全て無へと帰すわけで、

すでにそれを考えた人間が死んでいるわけですから、オリジナルの哲学という存在はこの世のどこにも残っていません。



哲学は個人の中にしかない

かつて最初に考えられた哲学が、その当人にとってどのような思考、考え方を指していたのかも、

オリジナルを作ったソクラテスたちの頭の中にしかない以上、

現在の人々が知っていると思っている哲学という概念ですら、彼らのそれではないかもしれません。

そういう意味では、既に哲学というものは死んでしまっている。

言葉は単なる記号です。そこに意味までが外的に定義されているわけではなく、自分がそうだと思っているだけ、一種の思い込みです。

言葉というのは、思い込みによって運用されているともいえます。皆そこに何らかの意味があると確信していて、解釈をしようとしているだけにすぎない。

現代の自分達は哲学という言葉や、哲学的思考とはどんなものなのかについて解説された言葉、文章からそれを好き勝手に解釈し、

その解釈したものに”哲学”という名前をつけているにすぎないわけです。

ひょっとすると、ソクラテスが一切の著作を残さなかったのは、このようなことが背景にあったのかもしれません。



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)