承認欲求が無くなると変わること





何もしていなくても常に満たされた感覚でいられる

まるでハンモックに揺られながら悠然とした気分でいられます。誰かに褒められようがけなされようが自分という存在は何も変わりはしない。

常に不動の落ち着いた気持ちでそこに居られます。

ヒューマンエラー

私の考えでは、承認欲求とは一種のヒューマンエラーです。

最も、人は他にも多くのヒューマンエラー、”思い込み”をともなって生きているものだとは思いますが、それに気づけるのもまた人間。

それが自分にとって都合の悪い作用をしてしまっているのなら、それは取り除いた方が賢明だと思います。

さて本題に入りますが人というのは本来、既に満たされているものです。

なぜなら、自分という存在を成り立たせているのは他でもない自分だけだからです。他人じゃありません。

故に自分のことは自分という存在が既に満たしている。それだけで十分なのです。

要は自分が自分を否定さえしていなければ人は常に満たされた気持ちでいられるものなのです。

それができなくなってしまうのは、承認欲求を求めてしまっているから。

承認欲求を求めるということは、「自らに自己否定する条件を設定する行為」でもあります。

余計なものなんですよ。

なぜなら相手に承認されなかったり、褒められなかったという「条件」を満たした場合、自分を否定することになるからです。

承認欲求というのは一見自身を満たすための価値観のように打見えますが、その実態は本来既に満たしているはずの自分に「満たすための条件」をあえて設定しているわけです。

ゲームで言うところの難易度設定とでもいいましょうか。自分でハードモードを設定しているようなものです。

自ら自己否定をするための条件を設定し、「生きづらさ」を自ら作り上げているわけです。



少しの快楽と、多くの苦痛

条件を達成すれば快楽を得られますが、達成できなかった場合は自己嫌悪、自己否定観に襲われることとなり、精神的苦痛にさいなまれるようになります。

人にバカにされたりコケにされたりすれば相当に傷ついたり、怒りで我を忘れてしまうこともあるかもしれません。

承認欲求で自信を満たしている瞬間は個人差があると思いますが、快楽は少なく、多くは苦痛を伴うのではないか、と思います。

認められるために多大な労力を投じて、ほんの一瞬の他人の承認を得ようとすることが多いんじゃないでしょうか。

そんな現実があってももとめてしまうこの承認欲求。まるで麻薬のようなものですね。一瞬の快楽のために多くの苦痛を感じてでもそれを得ようとしてしまうというのは…

他者承認という”セキュリティ”の確保

さらに言えばこの承認欲求を満たすことによって得られる”快楽の正体”というのは、

自分を否定しないための担保、自己否定する機会から逃れるための”セキュリティ”を得られたという”安心感”ではないかと私は思います。

しかしそのセキュリティを備える理由が、自ら作り出した自己否定の機会から身を守るためのものというのは、なんとも皮肉な話です。

人間関係の構築の仕方が変わる

承認欲求を求める人の人間関係は「相手に好かれているかどうか」という関係性です。

相手に気に入られるために、嫌われないために、バカにされないために。

好かれることで人間関係は構築できる、逆に言えば好かれなければ人間関係は構築できない、と考えている。

またそうすることによって「自分が居て良い場所」「生きる権利」を確保しようとしたりします。

故にいかに相手が気に入る自分に染まるかがカギで、自分を殺してでも相手に合わせるかが人間関係の基本です。故に好かれることがゴール、目的になってしまうんですね。

そう、カギは”目的”です。

“承認欲求を満たすという目的のために人と関わろうとしている”という目的なのです。

承認欲求をなくしてしまうということは、その目的を捨てること。そういう人との関わり方をやめるということになります。

結果、今までの自分が構築してきた人間関係のほとんど全否定することになるかもしれません。人によっては、ほとんどの人と関わる理由がなくなってしまう可能性もあります。

リセット、リスタート

一旦は孤独になるかもしれませんが、自分がしたいことや生きるためにしなくてはならないことを考え行動しようとしたとき、人と協力したり関わった方がより簡単に実現できることがわかるようになります。

例えば会社に行くのも、今までは「社会的承認」とか「自身の能力の評価」とか、承認欲求に関連することが主な目的だったものが、生きるために必要な生活費を得るため、「給与」を得るためという目的に変わっていきます。

起業して一人でお金を稼ぐのは、就職して給与を得ることよりも難しい場合が多いです。だから会社に行く、会社で働く。という理由がわかってきます。



そういう意識が持てれば、いわゆるブラック企業に入社したとしても大丈夫でしょう。「無理して働く意味なんてどこにあるのか」「自分の体を壊してまで働いたら本末転倒じゃないか」と考えることができるようになります。過酷な労働環境で働いている自分を冷静に客観的に見ることができるようになり、転職活動をするなどの判断が自分でできるようになります。

スポーツだって、例えばテニスやサッカー、野球は一人じゃできませんよね。だから他にそれをやりたがる人を誘ってやろうとするようになります。

今までやってきた「人に合わせること」「好かれること」といった、それ自体が”目的”となっていたあらゆる行動は、別のある自己実現を達成するためにある数多くある”手段”の内の一つに格下げされます。

何等かの「自己実現」を達成することが目的となり、そのために時に人と関わりを持つという手段を選択できるようになるということです。もちろん一人でも可能なら一人でやろうとするでしょう。

これが自分の人生の主導権を取り戻すということだと私は考えています。

「外」に正解を求めなくなる

この世には真なる正解も間違いもありませんが、承認欲求を求める人生はそれが在ると信じているかのように、自身の価値観の正当性を外に求めたりもします。

外というのは主に「他者」の存在です。誰かに自分は正しいと言ってほしい、認めてほしいという欲求がそうせるのですね。

「常識」や「普通」という他者と共有していると考えられているこれらも同じものです。それに従うことで「普通の人」だと周りにみられたいという意識からです。

承認欲求がなければ、そういった外の概念に自分を合わせようとしたり、認めてもらおうとする目的がなくなります。

自分の周りで何かが流行っていても、自分がそれを好きでないのなら無関心でしょうし、面白そうだと思うのならそれに素直に関わっていけます。

常に自分が主体であり、自分が正解と思えば正解だし、間違いだと思うのなら間違い。

それらは全て自分の中で完結し、それを外に求めなくても良いと考えられるようになります。

あらゆる物事を”フラット化”できる

承認欲求が無くなるとできるようになることとは少し違うかもしれませんが、承認欲求に”拘る”ことをやめ、かつそれがこの世に存在する多くの価値観の内の1つにすぎない形態であることに気づけば、世の中を全てフラットな目線で見ることもできるようになるかもしれません。

例えば先程少し話に出てきた「正しさ」「間違い」というのも、一見では対極的であるかのように見えますが、本質的にはどちらも同じものです。

単に役割が違うというだけです。

例えば「正しさ」というのは、ある行動をしやすくする潤滑剤です。自分のしていることは「正しい」と思う事によって、自らの行動を効率的かつ疑いなくするためのものです。

「間違い」というのは、ある行動から自らを退避する魔除けのようなものです。人を傷つけることは間違いであると定義すれば、そうしてしまうかもしれない自分をそこから遠ざけることができる、予防線のようなものです。

人間が作り出した様々な価値観、”善”や”悪”という存在ですらも、本質的にそこに”差”はない。そしてかつ、この道具達は必ずしも常に使う必要があるわけでもない。

なぜなら人は自分のしたいことを逐一「正しい」とか「間違い」だとか考えなくても行動している生き物だからです。



物事の並列化は多岐、かつその深度も深いところまで及ぶでしょう。

俗物的価値観も啓蒙的価値観も全ては変わらない。差はなく同じもの。

「価値観」という存在に対する並列化から、怒りや快楽、不快感、不安感など、人間の原始的資質に近い感情や意志、思考など、全てに至るまでを”脱価値化”しフラット化することができます。

パニック発作ですらもその反中にはいります。私は長らくストレスによる激しい背中の痛みを感じ続け、いつしかそれがパニック発作の元になってしまっていましたが、

それは背中の痛みが起きてしまうことを自分の中で悪と定義していたにすぎなかったからでした。「起きてはならないことだ」「起きたらダメなんだ」と常に身構えていました。

しかし実際にその背中の痛みが発生しようがしまいが、それらは全て今起きている”事象”である。全て自分の一部なのです。

今そこにいる自分に“そんなはずじゃない自分”なんかはいない。嘘なんかじゃない。全てホンモノ。今確かに感じている自分自身であることに変わりないんです。

それだけの話。自分はただ今を生きているだけにすぎず、価値観とは言ってみれば一度起きたこと、過去の経験にあれこれ言っている行為でしかない。

今を生きているこの瞬間上で価値観なんてものはほとんど意味をなさない。

「価値観」とは、この先自分が何をするのかを考えるための判断材料、道具にすぎないわけです。

私はそう考えられるようになってからは不思議なことに発作はほとんど起きなくなっていきました。

故に嫌われることも好かれることも、何かを好きになることも嫌いになることも、そこに本質的な差はないわけです。

本能でもなんでもない。「好き」と「嫌い」という道具を自らの意志で使用しているだけにすぎないのです。

人間は5感という機能と認知という機能を組み合わせて思考し、価値観という道具を作っただけにすぎないわけです。

価値観をもつという行為自体人間の本能でもなんでもなく、それを使わないという選択すらもできる。

人間は道具作って、それを使うだけの生き物。それだけの存在です。

全てはフラットな同じ「道具」なのです。上も下もクソもありません。

このように森羅万象を客観視すれば「今自分は何をしているからこう感じている」というような客観的視点を得られます。

自分の人生にとって何が邪魔で、何が良いものなのかがわかりやすくなっていきます。

シンプルな人生になる。

単純に今自分がしたいことうやすべきことについて実行ができるようになり、自己実現のために将来を考えることができるようになります。

いわゆる「馴れ合い」はしなくなります。相手に自分を理解してほしい、認めてほしいという欲求は消え去り、ただ純粋に何かをしたいという自分の欲求だ気が残り、それに素直で忠実になれます。

「素直に自分のしたいことを実行できるようになる」というのは一見何の変哲もなく、当たり前のようなものですが、

実際にはとてつもなく強力な能力です。

子供のように誰でもできそうなこの能力ですが(実際できるはずなのですが)、ひょっとしたら現代人に最も欠けている能力かもしれません。できている人の方がすくないのかもしれない。

人の評価を求めていると、今自分がしていることは果たして正しいのか、間違っているのではないかと、一々自分の行動にブレーキをかけようとしてしまい、勝手に限界を設定したり、最悪それをやめてしまうこともあります。

そういったあらゆる「邪魔」が自身の頭の中から完全に消え去ってしまうわけです。

承認欲求とは本来シンプルな「やりたい、したい」という自身の欲求を、「承認」というフィルターを通そうとすることによってどんどん複雑に見えにくいものにしてしまって、かつ生産性を下げてくるものでもあります。他人の評価を気にしていたら自分の意思は散漫し、自分が何をしたいのかもわからなくなってしまいかねません。

承認欲求をなくすことができれば、そうして複雑化させていた自身の思考の根本的な要因を取り除くこととなり、人生をシンプルかつ効率的に生きることができるようになります。

自分のやりたいことを真直ぐ取り組むことができる人生ほど、素晴らしい人生はありません。

「シンプルさは究極の洗練である」 by レオナルド・ダ・ヴィンチ

シェアはこちらです!



より踏み込んだアドラーの実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学です。

それは人の解釈という、実際には他者と全く共有できていないものの問題だからで、最終的には自分が気づく必要があるからです。

当サイトでは管理人のElepanがアドラー心理学を元により深く、より根本的な思い込みの解消、哲学を実践実施した結果、その考察と気づきをまとめております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
My哲学


主に「人の心」について、私個人の哲学考察をまとめたものです。


孤独 認知論
MBTI考察


MBTI関連の考察記事です。ENTPが多め


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

MBTI : ENTP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)