語り:他人の意識なんて無視していいよ






2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

人目なんて本当は気にしなくていい

自分に正直になってみればわかるよ。人目気にしてるときってどう感じてる?

「つらい」

シンプルにこれじゃないかな。不快感で頭の中が支配されてとても気持ち悪くなる。変な汗かいたり背中が痛くなったりさ。

人目気にしてるときってさ。「誰かが自分のことを快く思ってないかもしれない」

って最初に考えてから気にしてるよね。

これだよ。最初の発想が既に自己否定なわけさ。自己否定から始まって、その自己否定を打ち払うために人目を気にしてそんなことはないって確かめようとしているわけね。

ただの妄想なんだよ。なんでこんな何の特にもならないことしてるんだろうね?態々自分をつらいきもちにさせるだけのことを、それも自らの意志でさせているのは一体なぜなのか。

多分それはさ。幼少期の頃にそうやって教育されたからなんじゃないかな。

それに加えて、とてもまじめだったんじゃないか。

きっと自分がそれをしたいかどうかの意志にかかわらず、わかることのない相手の気持ちを気にすることをほぼ強制されて、それが正しいことだって思い込んじゃったからじゃないのかな。



人の気持ちなんて無視していいよ。

多分親とか教師とか、そういった人達に「相手の気持ちを考えろ」みたいな教育をされたんじゃないか?

それを真面目に遂行しようとしたんだよ。それはもうひたむきに正確に相手の考えていることを察しようと常に考え、身構えてきた。

そしていつのまにか、それが自分にとってとても重要で、守らなければならないことに無意識の中に刷り込まれていったのさ。

ほんの些細な人の動きにも敏感になって察しようとしてしまうほどにね。

(多分HSPっていうタイプの人はこのあたりの刷り込みがある人が多いんじゃないかな。)

だから人を「無視」することができない。無視をしようとすると罪の意識が働くからね。

「相手の気持ちを無視するなんてひどいことだ」「そんなことをするなんて冷たい人間だ」ってね。

だから常にだれかに気を使って人目を気にしなきゃいけない、なんて考えているんじゃないかな

でもそれに対して私は自信をもっていえるよ。「そんなことを気にする必要は1ミリもない」ってね。

他人の頭の中なんて誰にも理解できない。そんなのは人間の機能的限界を超えたことをやろうとしているだけにすぎんのだよ。

これを実際にやろうとするなんてのはね、「魔法をガチで使おうとしている」ことと同じなんだよ。

(子供のころならそれはかわいいもんだろうけど…あぁ、私の頃はカメハメ派だったかな。)

人が永遠にできないことをやろうとしているわけね。

「相手の気持ちを考えろ」なんてのはむちゃくちゃな話なんだよ。だって言ってる本人もできていないんだ。できていないのにできていると勘違いしていて、その状態で誰かにそう言っているだけ。

全く酷い話だよ。これを子供に大真面目に言うんだから。

とにかく、相手の気持ちなんて理解できないものを必死に考えたところで、そんなものは理解できんのだから。

そんなもの、無視していいんだよ。

他人にして上げられるのは「自分がされたらいやなこと、うれしいこと」なんていう「相手を自分に置き換えて考えた自分の気持ちを考えること」だけさ。

こう教えた方がいいと思うね私は!

結局は自分のことなんだから。

だから他人の意識とかそういったものの一切を無視していいんだ。

感じようとしなくていい。言葉も発しないのに理解だけ求めてくる人と付き合うのはかなり骨が折れると思うよ。

その相手を気にすることで苦痛しか生んでいないだったらさ。

その人は既に自分にとって「いい関係」を築ける人間ではないのさ。

「いい関係」っていうのはね。自然な自分でいて、それでいて付き合うことが出来ている関係性のことをさすんだ。

だから相手に好かれたいだとか嫌われたくないだとか言うのは、

自分の手で「いい関係」を作るチャンスを捨てているんだよ。

だからそういうことを無理強いしてきたり求めてきたりする人と無理やり自分をつき合わすようなことはしなくていいわけさ。

気にすべきなのはわからない相手の気持ちじゃないんだよ。ずっと確かな自分の気持ちなんだ。

自分が何にどう思うのか。どうしたいのか。それだけさ。

語り:純粋な自信を持とう



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)