他人は「いてもいなくてもどちらでも構わない」がちょうどいい。






2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

ザ・センターマン!

ではありません。なつかしいですねハイ、というわけで…

他人という存在は現代社会では無数にあふれている。都会であれば自宅から一歩外に出れば他人が道を歩いているのを簡単に見つけられるだろう。

そんな身近な存在である他人に対する意識が、おそらく現代社会における悩みの根源にあるような気がしてきたのだ。

というわけでこの記事では、他人という存在が本質的には全てoptionalであるということを伝えたい

いてもいなくてもどちらでもいいのだ。

人間の悩みの根幹は「人間関係」であるとアドラーは説いた

私はここにもう一つ付け加えたい。それは”依存”である。

もし人間関係で悩みがあるのなら、それはそれだけ他人に依存している何かがあるということ。



依存とは

依存とは、「何かが必ずなくてはならない」と思い込んでいる心の状態のことだ。

半ば脅迫性をともなっているかもしれない。「こうでなければならない」と。

何かを自分の人生において「必須」と思う事

これがなくては人生は終わりだと「思い込む」ことが”依存”の正体。

結婚しなければ人生終わり

結婚したら人生終わり

友人がいない自分は無価値だ

恋人に別れを切り出されて絶望、もう生きていけない

とまぁこのような感じ。

こういう2元論的思考は依存そのものだ。0か1というような、どちらか片方に完全によってしまっており、脅迫的でもある。それも自分自身に対してである。

一方を絶対的な真実であると信じ切り、それ以外の可能性を模索しないままに全否定してしまう。

しかしそうやって自分を守っているようでも、実際にやっているのは自分の人生の可能性を自らの手で削ぎ落している行為なのだ。

自分を苦しめることすらもある諸刃の剣なのである。

しかしもし、これを「どちらでもいいこと」と捉えていれば。

どちらの事実もなんの抵抗なく聞くことができ、かつそれが手元にあったときに楽しむことができる精神性をも獲得できるのである。

つまり、誰かと一緒にいる時はその時を、一人でいる時はその時を、それぞれ楽しむことができる汎用的で強い精神をもつことができるということだ。

「○○でなければ楽しめない」というのは、単なる思い込みにすぎないのだ。

他に依存の状態としてわかりやすいのは、パチンコ中毒、ゲーム中毒、セックス中毒などが該当する。

特定の何かにぞっこんになり、それのことしか考えられなくなってしまう状態だ。

このように、いろんな言われ方をしている様々な”依存”が現代社会には存在しているのである。



依存を手放す

「あったらあったで楽しむけど、なかったなかったでいい」

という捉え方を、万物に対して行うこと。これが依存を捨てるということだと私は思う。

そもそも実際のところ、この世にこうでなくてはならないことなど何一つない

なぜならこの世には真実はないからである。

というのは、「こうでなくてはならない」というからには、それが揺るぎない真実によってなりたっていなくてはならないからだ。

「私にはこれしかない」というのなら、それ以外はいかなるものも絶対にないと言い切れる根拠、真実が無くては成り立たない

しかしそんなものはないのだ。考えてみればわかるはずだ。よく考えてみれば。

いくら考えてみたところで、導き出したあらゆる”真実達”には、いくらでも穴が存在することがわかる。

人の構築したあらゆる理論、理屈はそれが生み出された瞬間から他の指摘によって崩されることを待つ運命にあるのだ。

アインシュタインの相対性理論でさえ批判する人はいるし、誰にでも重箱の隅をつつくかのように批判することを、万物に対してできてしまう。

人間とはそのような生き物なのだ。故に不完全であり、永遠に完全になることなどできない生き物。

そんな生物が絶対無比の真実にたどり着くことなど到底かなうはずもない。

「こうでなくてはならない」「こうあるべきだというもの」は本質的にはどこにも存在しない。存在することができない。

「こうでなくてもいい」「こうでないときもある」と考えた方がより真実に近いだろう…

 

と、思う。

 

というのはだ。この私の話も同じく真実であるとは言い切れないからだ。

ただ大事なのは自分は何をしたいか、信じたいかという自分の欲求であると私は思うのだ。

さて話を元に戻すと、それ故に全ての価値観は”対等”であるとも言える。

例えば孤独に生きることも、誰かと一緒に生きることも、そこに差はない。

全て単なる事象だ。

真実がない以上、全ての価値観は間違っているとも正しいとも、どうとでもいえる。

つまり真実が存在しない、何一つ絶対的根拠がない以上、全ての概念は“絶対値”が存在せず故に比較することすらもできず、

故に価値観に下とか上はないということであり、全てはそのように捉えている各人間の認知と解釈が織りなす事象なのである

依存とはおそらくそういったある価値観に対する絶対視という歪みと、「こうでなくてはならない」という思い込みそれこそが真実であると信じてやまない心から来ている。

だからそれを手放すのだ。そうではなかったのだと、いや、「そうじゃないかもしれない」ということを受け入れるというべきか。

それが自分にとって必ずしも必要なものではなかったということ、そこに真実はなかったということに気づくのだ。

そしてこの世に、そんな完全性をもったものは何一つ存在しないということに気づくことなのだ。

ニュートラルな心をもつこと。何物にも依存しない中立的な、全てが可能性へと転じる「今を楽しむ」人生にシフトしていくことで、

依存的な心から抜け出し自分を自由にさせてくれるだろう。



今ある物の中から選択し、楽しむことで依存から抜け出そう

これが依存から抜け出す方法の核だと私は思うのだ。特定のものに依存した執着したりせず、今あるものを使って楽しむこと。

今自分に友人がいて、今まさに友人と遊んでいるのなら楽しんだらいい。

そうじゃないなら違う楽しむなにかをみつけて楽しめばいい。

手元に紙とペンがあるなら、試しに絵でも描いてみたらどうだろうか?

まぁそんな感じで「今できること」をベースに楽しむことを模索していけばいいだけだ。

今あることの中でいろんなことを「とにかくやってみること」

これにつきる。これ以外にはない。just do it!!

新しいことを始めようとすると人によっては「どうせ自分にはできない」と決めつけてしまう人もいるだろう。

例えばさっきも挙げた絵。絵を描くことに苦手意識がある人の話でよく聞くのが「自分には絵心がない」なんて言葉だ。

悲しいね。そんな”結果重視の思考”から出てくる言葉はさ。

そんなの関係ない。「できるかどうか」なんてのは別にどっちだっていいのだ。

そんなもんはそれを仕事にする事だけに限られる。いや、ひょっとしたら仕事すらもそう考えなくてもいいかもしれないな。

人間の幸福なんてのは結局は自分の脳が喜んでいるかどうかでしかない。ドーパミンだかなんだかの物質が頭の中で流れているかどうかという違いだけ。

であればもっと単純に考えた方が、ずっと簡単に幸福を感じられる可能性が高い。変に小難しく考えるよりもね。

その中でもできるかできないかなんてのは、単に楽しむことをややこしくするだけだ。

大事なのは自分が興味をもったかどうか。

楽しそうだと感じたか。

やってみたいと思ったか

これだけのことだ。

やりたきゃやればいいだけさ。

それに”ブレーキ”を決めようとするなど、他人に迷惑をかけることとか、薬物のような自らを破滅へと追い込むことが明白な行為ならともかくとして、愚かであると言える。

せっかく楽しめそうな何かを見つけたのに、それを自分の意思で握りつぶすことをしているのだから。

自分に素直になって今を楽しめ。それが自分ができる、人個人ができる最大の貢献なんだ。

人の役に立ちたいと思うのなら、まずは自分を自分の手で幸福にしてみせるんだ。それが他者貢献への第一歩。誰かの役に立つための基本だ。

そしてそれを楽しむからには、全力でやったらいい。その方が気持ちいいに違いないからね。もちろん無理はしない方がいいだろうが。

楽しんでいる自分を否定する理由は全くない。楽しいと確かに感じているならとにかく楽しむことだ。

それは自分だけでなく、周りにいる人にも何かを与えることになるから。

(まぁもちろん、財布加減は注意すべきだろうが…)

「依存」の反対は「どっちでもいい」なのだ。

有ったら有ったで楽しむ。無かったら無かったで別の物を探して楽しむ。

なにかに執着する癖をやめること、あきらめていくこと。そして、とにかく

「今を楽しむ」人生にシフトしていくことだ。

今を楽しむためにどうすればいいのかを考え、それを見つけることだ。

そうやって依存から抜け出していく。人間は全てのものに対して「あってもなくてもどちらでも構わない」くらいの精神性がちょうどいい。

だからもし「人恋しい」とか、孤独だとか、そういう理由で悩んでいるのなら。

そんな他人への”依存心”を捨てることを、私はおすすめしたい。

人恋しさや寂しさの正体はほぼ確実に依存、他人への依存、そしてその対極にある孤独への徹底した全否定の意識だ。

だからその依存心を捨てて、他の楽しめることをみつけて、それに夢中になるだけでいいんだ。

孤独でなければできないこともたくさんあるってことを知ることだ。そもそも大抵人は例え周りに誰かがいても、何か作業をしている時は孤独なものさ。

新しい人生はいつでもいくらでも始められる。特にこんな「気の持ちよう」ですぐ変えられるものほど手軽なことはない

とにかく「やってみる」んだ。失敗しても、それで幸福を感じることができなかったとしても、

また挑戦すればいい。試行錯誤しながら色々やってみて自分を幸福に導いてやればいい。

幸福はそうやって自足するものだ。幸福は自分の人生を生きる基底なんだ。

これがなきゃ何もはじまらない。

だからまずはそれができるようになること、できるようになったら、次に誰かを幸せにしてあげようと思えるようにもなる。そうやって幸福を増やしていけばいいんだ。



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)