語り:純粋な自信を持とう




Twitterで気づきのつぶやきやってます→

2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

根拠なき自信をもって全てと関わる。万物に対して自信をもって関わること。それが純粋な自信の基本中の基本。

人間は感覚の上で生きている動物である

自信はただの感覚である

知識じゃない。他者の評価でもない。そんなものの上に人間は生きていないし、生きられもしない。

人間は感覚の上で生きている動物にすぎない。少しばかり知能が発達しただけの動物にすぎないのだ

自分や自分のしているその感覚を”正しい”と信じることができている感覚そのものこそが自信の正体なのだ。

所詮人間のやっていることはその程度であり、”バカ”、だろうが”知恵者”だろうが誰でも等しくできるものだ。

誰でももてるもの。”感覚そのもの”なんだから、本当は誰でも既に持っているものなのだ。

人間の普遍的機能でしかない。

それを他人と比べてだとか、バカにされるからだとか、嫌われたくないからだとか

そんなくだらない理由で自信を喪失するなどまさに愚かだ。

「変にみられたくない」

そんな風に考えている自分の方がずっと”変”でずっと惨めなのだ。

自分の感覚そのものを他者の理屈たちで否定しようなどというのは、まさに奴隷の発想でしかないんだよ。

他人に認めてもらえなきゃ素直に生きることできないなんてのは。

だから自分への不信を他人に埋めてもらおうだなんて発想はもういらないんだ。

それは自信なんかじゃない。他信だ。ただの依存だ。



「自信をもつこと」に「考えること」はいらない

「どうすれば自信をもてるだろうか」

コレ自体がすでにいらないんだ。

自信はただの「感覚」だから。ただ自分を信じるということ。それだけでいい。

無償の愛と同じで、自信もまた無償なんだ。なぜならこれらは全て自分の内側にある感覚そのものだから。

感覚と思考は全くの別機能なんだ。だから無根拠に自信なんてのはもつもの、

いや、感じるべきなんだね。

自己否定しちゃうのは、思考を使って自分の感覚を封じ込めようとする、最悪の形で使っている結果なんだね。

他人にすがって、かつ自分を否定しているわけだから。それで自分の感覚を否定して押さえ込もうとしているわけだから。

そんなことをする必要なんて、初めからなかったんだよ。何も考えなくてよかったのさ。

考えずに感じること。これだけでいい。

なんで今ここに自分が存在しているか考えたことはある?

それは自分が今こうして生きて、自分を認識しているからだろう?

他人が自分をほめてくれるからなんかじゃないよね。自分が世界を感じているから世界があるんだ。

他人の存在なんて自分が生きている上で何も関係がないんだ。他人が生きているから自分が生きているわけじゃない。

むしろ、自分が生きているから自分の世界を感じることができていて、だから他人が生きていることも感じられる。

つまり自分が生きてなきゃ、他人も生きていないって言ったほうがずっと近いんだよ。

だから他人の御託なんかで自信を消してはいけないんだよ。

自分を封じ込めたり我慢することなんてない。

つらかったらつらいって素直に感じてみたらいい。表現したらいい。楽しいことは心から楽しんでいいんだ。

我慢して「そんなはずはない」なんて強がることはないんだ。

もっと自分に素直になっていいんだ。自分が今感じている感覚に素直になれば。

つらい、苦しい、悲しい

いいんだよ。それが今自分が確かに感じている感覚だ。それを押さえつけて何になるんだい。

余計につらいだけでしょ?

楽しそうだけど、はしゃいだら恥ずかしいな…

せっかく楽しめる瞬間を他人の都合に合わせてお釈迦にしてそれは楽しいのかい?

自分は自分という感覚を学び、その上に生きる

いいかい。あんたはあんたでしかない。あんたは他人じゃない。あんたは「常識」なんかじゃないし「普通」なんかでもない

そもそもこの世に普通なんてないのさ。みんな「普通のフリ」をして、自分をごまかしているだけなんだよ。

あんなもの一種の理想論でしかない。現実の自分を指すものなんかじゃないんだよ。

常識だとか普通だとか、そんな他人が決めた勝手なルールで自分の気持ちを殺すことなんてないんだ。

自分が感じたままに生きること。それに自信をもって素直になるんだ

人間ってのはそれができるだけで既に十分幸福に満たされるものなんだよ。



自信を持てないという思い込みを捨てていけ

〇〇だから自分はダメなんだ、自信をもっちゃいけないなんていうのは本当にただの思い込みだ。

それっぽい理由を持ち出して、無条件にもてる自信を打ち消しているだけ。

誰かに好かれるために、嫌われたくないって考えて、自分が元からもっている自信を押し殺してしまっているわけだ。

誰かに嫌われるのが怖いから、実際に嫌われる前に自分を殺そうとしているだけにすぎない。

自分を信じるということは”外の担保”の一切に頼らず、自信を自足すること、自分が許可を出すということ。

そして”外の担保”、”他人という前提”を捨てた自信が、純粋な自信なんだ

その自信は自由であるってことも意味している。自由っていうのはそういう「監視する他人」「自分を見ている他人の姿」が自分の心にない世界なんだ。

そういうものの見かたをしていない世界なのさ。そういうものを求めていない自分なのさ。

全てを内側の自分だけに求める。それだけで完結することで、自由ってのは得られるんだ。

想像してみてほしい。誰も自分の心の中にいない世界を

「寂しい」

あら、そう思った?



まぁでもそれもそうなんだ。自由ってのは、他人のことを気にしないってのは、つまり孤独を指すんだよ。

精神的な世界においてね。今まであんたは、そんな「他人の目」に縋って生きていたんだ。自分の心の中に誰かがいて、その誰かによくみられることで「自信」をもつことができると考えてね。

でも違う。自信ってのは元々自分に備わっている普遍的なもの。生きてさえいれば誰でももてるもの。

自分で自分を信じることが「自信」なんだ。つまり自分ひとりだけで既に完結しているんだよ。

自分の心にあるのはいつも自分ただ一人。自信の前提が自分という感覚のみ

今自分がここにいること。生きていること。その時点で自信をフルにもっていい。そう自分で自分に許可をすること。

自分でそこにたち、真っすぐに世界を見つめ、自分のしたいことをする世界。それが本当の自由なのだ

何かを好きになるも、何かをするのも、日常のあらゆる思考、行動は全部自分だけでやっていることだ。

一人で何かをしている自分を自分が許可してやればいい。一人で何かを考えたり感じたりすることを許可してやるのだ。

他人の許可など必要ない。他人の監視など必要ないのだ。

好きなら好き。嫌いなら嫌いで、それだけですでにいい。それで完結している。自分の世界という自分だけしかいない世界の中で完結している。

それが本来の自分の世界だ。

「他人の目」を気にしている限り、そこには仮想の他人の目が常に存在し、自分にこう意識させる。

「私はこれを好きだけど、果たして普通だろうか」

「こういうことをしている時の自分は周りにどうみられるんだろうか」

「こんなの普通じゃない」

「自分はどこかおかしいのではないか」

「変じゃないか」

不要な感覚だ。自分のことを否定的に見る感覚ははっきりいって、微塵も必要ない。

自己否定は単なる歪みであり、こうであるべきものに対するけん制だとか、抑止力ではなく、

その本質は、全ては好かれたいという欲求、承認欲求からくる。

普通かどうかなんぞ最初からどうでもいい。

むしろ普通にこだわって自分を否定している方がよほどおかしくみえる。

全ては今ある自分が全て。そんな全てを肯定するだけでいい。否定する隙など必要もないのだ。

そうやって自分を信じてやればいいだけのこと。何の疑いも必要ない。意味がないんだ。自分を疑うなどというのは。

そうやって自分に言い聞かせ続け、いろんなことをやってみるんだ。最初は中々思い通りに感じられないかもしれない。

長年他人の目を気にし続けてきた人が、いざそれを捨てた生き方をしようとするのは大変な事だと思う。

まさに「生まれ直し」に近いからだ。生まれ変わって別の人生を生きるようなものだ。

しかし人間というのは学ぶ生き物。続けていれば少しずつわかってくる。

やがて純粋な自信を持てるようになっているころには「寂しい」なんて感覚もなくなってしまうだろう。

あの感覚は、監視してくれる他人の目を欲している欲求の反動でしかないからだ。

それを求めなくなれば、寂しさも消えるってことなのさ。

変ってしまえば、もうあの頃の生き方に戻るは死んでも御免だとすら思えるだろう。

今ある自由な世界を捨ててあれだけ自分を殺していた生き方を、わざわざしたいと思うことはないだろうから。

「好かれる」「嫌われる」という感覚を捨て去る

こういうことを気にするのがどうしても抜けないのなら「他者を無視する」ということを自分に許可すればいい。

「気にしなければ嫌われる。嫌われた時に耐えられそうにない」

こんなものはもう必要ない。もうそんな感覚を持つ必要など最初からないのである。

自分が今まで「好かれることによって存在すると思っていた存在」。

友人や恋人、家族。仕事の同僚、上司

そんなものはもう存在しない。そういう形の他者の存在はもういらないのだ。

これからは「自分のしたいこと」でつながっていけばいい。それを規定として誰かと関わっていけばいいのだ。

好かれる、嫌われるという感覚をすて、自分の世界に夢中になっている世界

そんな世界の中で他人を巻き込んでいけばいいだけだ。

まずは自分が好きなことで誰かと関わってみればいい。一番簡単で手軽なのは「話すこと」だ

自分が好きなもの、好きなこと。それについて色々と話をしてみる。そうすると、自分のやっていることに少しずつ自信がもてるようにもなっていく

それに話し相手からも相手の好きなことを聞いてみたりすれば、新しい発見があるかもしれない。面白いことをしているかもしれないし、会話もずっと楽しめるだろう。

会話をすることが自分のためにしている感覚をつかめれば、あとはその感覚でいろんなことをやってみればいいんだ。

主体的に生きるってのはそういうことだったんだよ。常に自分がしたいことで動く。自分の純粋な欲求で動けるようになる。

他者というフィルターを通さず、自分という存在だけで自身を確立する

これだけのことだったのさ

自分の人生の”主人公”はやっぱり自分だ

世間ではいろいろいっているが、やはり自分なのさ。

「自分の人生の主人公が他人」なんて何を言っているのか?って話だ。

「他人には優しくしましょう」「目上の人には敬意を表しましょう」

そうやって他人を主人公に仕立て上げようとするようなことをいう輩の話など無価値だ。その他人という主人公は、あんたの思いのままになるのかね?

ならないだろう。ならないどうにもならない他人という存在を主人公にして、それの一体なにが楽しいというんだ?

主人公は自分が操作できてこそじゃないのか?

そんな輩の言う”世迷言”などどうでもいいことなんだ。

自分の「思いやり」という欲求によってすることならいざ知らず、自分の意志を無視して相手に強制的に尽くすなどということなどする必要はないのだ。



「したいこと」で人と関われ

いいかい。人に好かれる価値なんてもうないのさ。

「されたいこと」で人と関わるのはもうやめるんだ。それは自分じゃどうにもできない関わり方で、他者の課題ありきなんだ。

他者は他者の都合を満たすために行動して、そのためにあんたを使っているにすぎない。

だから”裏切られたり”することもある。苦しい思いをする羽目になるだけだから。

「したいこと」だけで人と関わるんだ。自分がコントロールできることだけで誰かと関われ。

「したいこと」がないなら探すんだ。したいことが無いからされたいことばかり目が行くんだ。

要するに「暇人」なのさ。それだけ自分のしていることに夢中になれていないんだから。他人からこちらに来るのを待つ方が楽だって信じてるから。

でもそんな「されたいこと」なんてのは、全てただの妄想でしかない、しかも他人の操り人形に自らなっているだけの愚かな行為だ。

自分のしたいことをみつけてやっていけ。そのうえで誰かと関われ。

「好かれること」など、死んでも目的にするな。

「されたいこと」で、人と関わろうとするな。

そうすりゃ人間関係の悩みのほとんどはなくなるだろうさ。

他人の奴隷である自分を捨てて、自分の人生を取り戻すってことはこういうことなんだ。



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)