SNSの”害ある他人”を簡単に撃退する方法






2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

SNSは不特定多数の、顔も知らない多くの人間が使用する、相互情報交換ツール。

単純な情報交換だけでなく、コミュニケーションツールとしても使われ、特にTwitterなどはその特色が強い。

さて、そんな不特定多数とコミュニケーションをとる場として機能するSNSを利用していると、時々「妙な人」に出くわす。

突然喧嘩腰に吹っ掛けてくる人、嫌味を言う人、批判をする人

様々だ。そんな人と関わったり、目にしただけでも疲れてしまったり、嫌な気持ちになる人はいると思う。

付き合う人間は選んだ方が、より良くSNSを利用できると思われる。

だからそういう人々にからまれたら、迷わず撃退してしまえばいい

ただ撃退といっても、攻撃するということではない。

非常に手軽で、ほとんど労力もない楽なやり方で対処することができる。

相手に勝たせる

もし自分や自分の意見が批判的なリプライにあった状況を想像してみてほしい。

このリプライに真面目に返すと、また批判が飛んできそうである。相手はとてもセンシティブに見え、とてつもなくヒステリックに文章を書き殴っているように見える。

どうしようか。どう返そうか。

「そうですね すいませんでした」

と、適当に返事して相手に勝たせればOK

SNSで自分の価値観を振りかざして批判をする人は、そのほとんどが自分の言っていることが真実、正しい事であると思い込んでいる傾向にある。

それを証明を欲しがっている。認めてほしいのである

それを誰から?というと、それは批判先である自分なのである。

こちらからの承認がほしい。相手自身の正当性を証明するために、こちらを使いたがっているだけなのだ。

だからそれを言ってあげればいい。それですべて丸く収まる

とりあえず謝罪するか肯定してあげるとよい

欲しいものがえられれば、彼らは満足してどこかに行ってくれるだろう。

ブロックする

それでもしつこくまとわりつく場合は、その時点でブロックすればよい。

自分の意見を返したり、上記の謝罪リプライをしたとして、それでもしつこく絡んでくるなら、遠慮なくブロックすればいい。

嫉妬気質だったり、精神的にやんでいて、他人の不幸を願っていて、誰かが困るのを見るのが好きな人というのはいる。

もはやそれ自体が生きる目的になっている人は、それはもうべとべとと相手にまとわりつこうとする。

そんな人を言葉で説得するのは相当時間がかかる。いや、ほぼ不可能だろう。

自分が想像している以上に人間というものはいろんな存在がいる。みな生まれた場所も育った環境も違うから、自分の想像に及ばないような人間だって当たり前にいる。

例えば家庭環境が最悪だった結果人格が歪んでしまい、他人を妬まずにはいられない人というのもいるものだ。

俗にいう「信じられない人」というのは、居て当たり前なのだ。

それにそもそも人間は、いくら話をしたところで分かり合える存在ではない。だからいくら時間をかけたところで、それがかなうことはない。

共感と理解の違い – 人の限界 –

相手を説き伏せたところで、ただ自分の時間が浪費されていくだけだ。

自分の時間は有限なのだから。だからその貴重な時間を浪費しないために、すっぱりブロックしてしまっていいのだ。

数字は判断を簡単にする

相手をブロックするかしないかの条件は数で判断するようにすると簡単である。

例えば、リプライ数で判断するなど。

「2プライ以上絡んできたらブロック」という感じに。

このように数字で判断すれば非常に簡単になる。悩む余地がなくなるのだ。

アナログで判断するのは大変

仮に、判断基準を数字などのデジタルでなくアナログなもの、例えば「相手の人柄」で判断しようとすると、その人柄を知るために相手とやり取りをしなければならない。

かえってストレスをためてしまう要因にもなってしまう。

もっとも、他人のことなど本当は恐れる必要などちっとも必要ないのだが

なぜ他人の目を気にしてしまうのか? 全ては自分の妄想が種

話を戻すと、この判断基準だとブロックするかどうか判断するまでに時間と労力が膨大にかかるということである。

だからすぐに、楽に判断ができる数値という基準で切ってしまえば、いちいち悩まずに遠慮なくブロックできるというわけである。

数字はビジネスでも必ずといっていいほど多用されている非常に効率的で正確なツールの一つだ。

簡単に情報をすぐにわかる形で伝達できるし、簡単に判断条件を作ることができる。時間でタスクを区切れば、何時から何時までに何をするかも明白になり迷いがなくなる

数字をうまく使えるものは、人生をより効率よく無駄なく生きられるといってもいい。

SNSのみならず、日常から仕事の部分に対しても数字で判断するように取り入れていけば、無駄は減って楽にもなっていくだろう。

ブロックした後のことは考えない。

そのあとのことは考えなくていい。「気にしなくていい」。

こちらがブロックしたことを相手が面白がったり、あるいは傷ついたり、あるいははやし立てて当人の悦の餌にするかもしれないが、それはその当人の都合、課題にすぎない。自分とは全く関係がない。

当人のことを気にしたところで、自分のことは何も変わっていない。自分にとってはそんなことを考えても意味がないことなのだ。

他人という存在は「気にしなければ」ただのモノだ。さらに言えば「気にする」という考え方が、精神をこじらせる原因でもある。
だからすっぱりと他人を切り飛ばしてしまえばいい。そこに罪の意識を感じる必要もないのだから。

相手の課題を考えずにSNSを使うだけで楽になる。

自分のことを相手がどう考えているだろうとか、思っているだろう、とか、どう感じているだろうとか、そういった「相手の内面」に関する課題

その内面に対してどうするのかを考えるのは、それぞれの当人の課題である。

自分の内面は自分が考える課題。しかし他人の内面という課題は自分の課題ではない

それをやめれば他人のせいで自分が消耗する、傷つく、なんてことはなくなる。楽にSNSを使うことができるようになる。

もっと自分のため、自分の目的のために効率的に使うこともできるようになり、使い方や目的そのものまで、まるで変わってくる。

道具は「使うもの」

SNSなんてのはただの道具だ。道具は自分の好きなように使えばいい。


道具は「使う」もの。
使ってこそ道具は道具たりうる。

その道具を「気にしてしまったら」それは自分を脅迫する脅威になってしまうだけだ。

道具は脅威じゃない。使うものなのだから。

余談:クレーマーをうまく使う

彼ら彼女らはとらえ方を変えれば、「お願いしなくても知識をしゃべってくれる親切な人」とみることもできる。

もし情報収集や学ぶ目的があって、相手から色々引き出そうとする「自分の目的」があればする価値はある。

実際たくさん話してくれる。

思う存分彼らの思いを語ってもらおう。切り上げたかったら謝罪なりして勝ちを譲り、切り上げてしまえばいい。

相手もそれで満足なら、互いにWin-Winというわけだ。

それに相手のそれを指摘としてとらえれば、別の角度からこちらの考えを言うチャンスすらもそこにある。
例えばブログのように、一つのテーマについて記事を書いた場合、さらに付け足す内容を考えたときなど、その内容がテーマにそぐわなかったり、細かく書くとテーマからそれて帰って読みづらくなるケースがある。

それを「コメント」という形で指摘を受けることで、そのコメントに返信する形で記事の中では書きづらかったことを書けたりもする。

このように他者に対して認知できれば、もはや彼ら彼女らのことをクレーマーだといって、不快感を持ってみたりする必要もなくなる。

全ては単なるきっかけ、チャンスになるわけだ。

また、これを不快感を感じることなくできるようになるということは、それだけ相手と自分の境界を切ることができている証明でもある

相手の都合に自分をのせず、相手は相手、自分は自分と、感覚的に切り分けができているということになる。

つまり、他人に作用されずに自分をコントロールして落ち着いてストレスなく生きることができている、というわけだ。

それを確認するためのちょっとした”腕試し”にもなるかもしれない



アドラーの心理学を論理的に実践

アドラー心理学は実践が難しいとされる心理学だといわれています。

管理人が実際にアドラーの教えをもとに実践した内容の記事を残しております。

孤独 認知論
私の「甘え」うつ病治療


私のうつ病の主原因は「甘え」だった。甘美に感じられた「甘え」が私を苦しめていました。

そんな私が自分の甘えから脱し、

精神の安定、自由をつかむためにやったことをまとめています。


孤独 認知論
承認欲求を捨てよう


承認欲求を捨てて「自分の人生」を生きよう


孤独 認知論
人間孤独論


「人は生まれた頃から死ぬ時まで孤独である」

それを論理的に考える記事です。


孤独 認知論
ゲーム系


遊んだゲームのレビュー、攻略情報などなど


previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)