他人は”いない”ことを受け入れた。そうして得られた承認欲求のない世界




Twitterで気づきのつぶやきやってます→

2020年04月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

記事サムネ:bBearさんによる写真ACからの写真

承認欲求とは、心に他人を住まわせるから発生するものでもあった

私は常に、自分でも気づかないうちに自分の頭の中に他人の幻影を作り出して、その他人の評価をうかがって生きていたのだった。

それは、他人と対面しているときだけでなく、一人で何か作業をしている時ですらもだった。

常にその他人がどんな顔をするのか、どんな風に自分を思うのかを想像して、妙なことをしたら恥ずかしがったり、失敗したら強く嫌悪感を感じて見せたりして、

自分を責めて、そうやって小さくなった自分をその他人に認めさせようとしたいた。

そうしていたのは、常に誰かに認められていないとダメだ、という意識が、それを作り出そうとする要因だった。

何をするにも、自分のすること、考えることの要所でその承認を得ないと落ち着かなかった。

だから誰もいないときは疑似的に他人の影を頭の中に作り出した。

そうやって私は常に、妄想の他人の動向に左右される人生を送っていたのだった。

そうするのが普通だと思っていた

今にしてみればとてつもなく妙な話だが、当時の私にはこの癖がとても自然なことだった。

そうしないと落ち着かなかった。そうしないといけないことをしているような気がして、

安心してはいけないような気がしていたから、それを求めないことなんて考えられなかった。

ましてや、その他人をまさか手放すなんて思いも寄らなかった

そうしないとどこか空っぽになった気がして、自分がなくなってしまうかのような感覚にとらわれたから。

しかし他人という存在に対する思い込み、他人を自分は少しも理解していない現実をしってそれを改めていくうち、

その頭の中の他人が自分の作り出している妄想であるということに、気づくことができた。

本当に妙な話だ。今にしてみればなぜこれを妄想だと思えなかったのだろうか。

そんな不思議な感覚すら感じる。

しかしそれはきっと、自分が「普通だからという思い込みを担保にしていたからだろう。

「そうやって他人を気にして生きなければおかしい」と、勝手にそう思い込んでいただけ。

そう感じていた、そうやって生きることが習慣化していたからだ。

生き方に「普通」なんてものはなかった。

生き方なんてものはすべて、ただの選択だった。

その選択に真実はなく、どんな生き方をしても正解なんてない。

どんな風に生きても、人は最後には死ぬ。どんな生き方をしたところで、その運命からは逃れることはできない。

結局最後は同じなのに、私はその中から一つだけ正しい何かがあると思い込んでいただけだった。

まるでその一つが永遠に生きることができる人生だとでもいいたげに

人生はただの選択の連続。終わりの時まで続く、ただの選択の連続でしかない。

その選択事態に、本質的な意味などない。

意味を作り出しているのは自分で、世界でも他人でもない。

今私が感じている人生も、自分がそう選択しているだけにすぎないものだった。

かつて苦しみ、人生のどん底にまで落ちてしまったことを自覚した私は、ようやく、その選択を変えようと思えた。

妄想と現実の他人の違いに気づく

自分のことを褒めてくれる他人の姿

自分のことをけなしてくる他人の姿

そういう自分を不安にさせたり舞い踊らせたりする他人と、

現実に存在する味気ない他人との違いに気づいた。

現実の他人はかなり“質素”で”素朴”だった。現実の他人とは5感で感じられる情報が全てで、それ以上のものなどなかった。

私を不安にさせるわけでも舞い踊らせるわけでもない。

石ころとなんらかわらなかったのだ。

私が他人を使って勝手に不安になったり舞い踊ったりしていただけだった。

私はそんな平坦な現実を、随分歪んだ見方で”みようと”していたのだった。

そしてその試みの形が、自分の頭の中に他人の影を作り出すというものだった。

現実の他人の頭の中”わかっているつもり”で見ようとした。

そしてそのわかっているつもりの他人の気持ちの上で生きようとしていたのだ。

他人を自分の心の中に飼っていたから、他人の目がきになっていただけ。

他人を住まわせるから、その他人が自分を見下してコンプレックスが生じる。

他人を住まわせるから、その他人の都合で他人に急かされる

他人を住まわせるから、その他人に好き勝手されてその他人の都合にそってしまおうとする。

他人を住まわせるから、その他人が制限なく自分を否定し続け、苦しめ続けていた。

加護者がいつの間にか支配者に

その想像上の他人は、かつては自分を承認してくれるだけだった「やさしい他人」だった。

でなければ、こんな疲れることを始めようとはしなかっただろう。

だからずっと求めるのをやめることができなかった。かつての「やさしい他人」をあきらめれきれなかったからだ。

子供の頃は多くはなかったが、今に比べれば褒められる機会はたくさんあった。

そうやって昔から私は、褒めてくれる他人に私はすがり、褒めてくれない他人や否定してくる他人に対してはとてつもなくおっくうになっていた。

私にとって他人とは加護者か略奪者だった。

そのどちらも自分より上の人間としてとらえているからこそ、そのような他人の見方をしていた。

対等な関係など、どこにもなかったのだ。

ずっと他人に加護されることを望んでいた。

だから私にとって唯一の「得な他人」とは加護者以外になかった。

私が人と関わる唯一の理由だった

だからそれを大人になっても捨てることができていなかった

そして時と環境の変化とともにいつの間にかその加護者であった他人ですら、自分に命令し鞭を打って支配する飼い主になってしまっていた。

私は自分の心を、そうやって自分の頭の中に作り出した他人という飼い主に支配させてしまっていたのだった。

要は、「見てもらいたがっていたのだ。

みてもらって、承認してもらいたかった。褒めてもらいたかった。

でもそれが満たされなくて、不安と不満が入り混じった苦痛を味わい続けていたのだった

だから「誰かがなんとかしてくれる」なんて思ってしまっていた


飼い主である他人が、いつか自分の都合を満たしてくれると、そう思い込むようにもなってしまった

かつての「やさしかった他人」を期待していたから。それを求めることをやめることができなかった。

褒めてくれた、自分を認めてくれたそんな他人を期待していた。

だから今はそうでなくとも、いつか誰かがこちらを振り向いてくれる。振り向いてくれる誰かが、きっとこの世のどこかにいる、と。

そう信じて身を削り続けることを選択していた。

私はこんなにもけなげに、飼い主の言うことを聞いている。

飼い主に気に入られるようにと、日々心身を削っている。

「義務」を果たしている。

だからきっとその「見返り」として、ほめてくれる。認めてくれる

そして、守ってくれる。保証してくれる。

そんなイメージを無意識に描いて、ずっとそんな他人を待っていた。

すべて「見返り」のための「コスト」だった。

全ては他人に好かれるため、怒らせないため、変だと思われないため。

社会不適合者だとみられないため。変人だとみられて村八分にされないため。

そんなもののためにいつも行動していた。社会人になったのだって、とりあえず働いておけばニートと周りに馬鹿にされないから、という理由でしかなかった。

本当は全部やりたくないことだった。仕方がなくやっていた事。そんなことばかりだった

だから、その見返りを全く払ってくれない他人、「そうじゃない現実の他人」に打ちのめされたとき、

ひどく裏切られたと感じ、落胆した。

実際には勝手に私が想像した他人に対して、想像した通り出ない現実の他人とのギャップに驚いて落胆しているだけ。

しかしそんな妄想の存在にいつの間にか恨みを抱くようになり、そのようにしてねじれた承認欲求が自分の中で育っていったのだった。

そのようにして他人というものに対する妄想と現実の乖離は、より一層の根深さとねじれをともなってどんどん進行し、ひどく現実と乖離していったのだった。

そして結果、現実をうまく生きられなくなった自分が出来上がった。

世界が自分の敵になったかのように感じられた。

常に敵に囲まれながら生きているようだった。

そうなって10年余りが経過した。

それでも他人を捨てることが中々できなかった

5年ほど前にアドラー心理学を知って、そんな自分の無意識に気づくようにいろんな試みをするようになって、

どれだけ自分の無意識や認知に気づいたり、長い時間をかけて考えても、私はなかなかその他人を捨てることができずにいた。

それはやっぱり怖かったから。ずっと自分の頭の中に住んでいた「同居人」を捨てる、追い出すなんてことが。

普通だと思っていたことを手放すのは本当に骨が折れた。

当時の私にとって頭の中の他人を捨てること自体が普通じゃなかったからだ

長いことその他人に縋り続けていたから、その他人が承認してくれそうな何かを選ばないと、落ち着けなかったから。

そんな前の生き方、前の価値観、前の意識を捨てるということが中々できなかったのだった。

「本当にこれも捨てないといけないのか?」

そういう葛藤に苦しむ毎日だった。

結局の所「やってみる」ほかなかった。

それでも気づくほかなかった。

今となっては、そう断言できる。

怖くても苦しくても、それでも試して、経験していくしかない。

「他人は自分に苦しみしかもたらしていない。だから捨てなきゃ、自分は変わることは決してない。」

「妄想を手放さない限り、現実は生きられない。そんな調子では自分の都合で生きることなんて、100%無理。」

「この他人の意識のない、静かな世界を受け入れないと、楽になることは永遠にない」

そういう「現実」に何度も、いろんなところで気づいて、受け入れて、納得するまで受け入れて、何度も失敗しながら自分の腑に落ちるまで繰り返し続けた。

過去の生き方を捨てるに足る「納得感」

いや、「覚悟」といった方がいいのだろうか。

「フリ」では全くダメだった。自分の心が正直に納得するまで、自分にとって覚悟をするに足る十分な経験を積むまでは、何度もトライアンドエラーを繰り返していく必要があった。

何度も裏切られ、落胆し、失望し、過去を捨てるに足る経験をするひつようが、わたしにはあった 。

そうして何度も捨て続け、何度も中途半端な覚悟だった自分と対面しながら、現実と妄想の乖離のはざまで何度も「裏切り」を経験し、それについて何度もメタ認知していく中で、ようやく腑に落ちた。

他人は本当に自分に苦しみしかもたらしていないと。

他人への期待は、苦しみの種を仕込む行為に等しかったのだと。

自分の頭の中の他人を住まわせている限り、永遠にその苦しみにさいなまれるのだと。

そういう現実を、ようやく受け入れられた。

他人を使って苦しみだけしか感じることがなかった現実。

その裏に期待していた他人がただの妄想だったという現実。

その現実を直視し、受け入れるのにとても時間がかかった。

そうなってしまったのは、どこかで期待していたから。

こうして他人を捨てて自立した生き方をするという「いい行動」をしていれば、だれかが振り向いてくれるのではないか、褒めてくれるのではないかと、心のどこかで期待していた自分。

目的がコストになってしまっていた自分。結局は他人の気を引くために変わろうとするという、本末転倒なことをやってしまっていた自分

そういう自分にようやくケリをつけられた。

「かつての他人」はいなかった。自分しか「する」ことはできないことを知った

ようやく他人を捨てたとき、その世界には自分の「する」しか残らなかった。

その時の感覚はよく覚えている。そしてそれはとても感動したものだった。

その「する」をしているだけで、自分は十分に満たされた気持ちになったのだ。

或いは何もしていなくとも、この現実に自分が生きていて、それを感じているだけで充足した気持ちを感じることができるようになった。

今までずっと「されたい」ばかりだった自分。

心の中の飼い主の言うことをきくかわりに「されること」を求めていた自分。

「他人が(自分のために)”いる”」と思っていたから、その他人が、誰かがなんとかしてくれるだろうと思い込んでいた。

この生きづらい人生を、世の中を、誰かが、(自分のために)都合よく変えてくれるだろうと。

そうやって「されること」をずっと待っていた。

しかしそれも、飼い主であった他人の心を頭から追い出したことで完全に消失した。

全ては「自分がすること」になった。自分がすることの問題提起、きっかけ。

自分がしたいことのきっかけとして目の前のすべてがそのように映るように変化した。

この変化、過去と今の世界観のギャップは、今までの私の人生の停滞の原因がなんだったのかを、如実に物語っていた。

されたいと思い続けること、期待することとは自らをその場で停滞し、他人に勝手な期待をかけて何もせずに待っている無駄行為に等しいということ。

その上自分を苦しめる、最も生産性の低い行為なのだということ。

するという世界だけで生きることが、これほどに心地よく、生産性の高い、情熱にあふれた生き方であるということを、これほどまでに自分に語ったのだ。

この世界で何を「する」のかだけでいいことを完全に受け入れた

「されたい」はただの苦しみ。どういうことを自分が「したい」だけでいい。

それを深く再認識するとともに、目の前のことにただ没頭するようになった。

そして日々それを体感するとともに、自分のすることだけで幸せを感じることができることを何度もかみしめることになった。

そしてやはり、他人の都合を満たす承認欲求とは、自らに恐怖の種を植え付けたうえで、他人の都合を満たすことで自分を安心させるという悲しい自作自演であったことにも気づいた。

他人の影をいつも想像して自分を正当化していた。

要するに私は、自分を守ってくれる親のような存在をずっと求めていたのだった。

何をするにも常に他人の影を想像した。その陰がするとおりに自分を演じていただけ。

その影が笑ったら自分も笑ったりしていた。

そうやって自分の行為が「正しい」ことを仮想的に担保しようとしていた。

それはつまり、自分一人で自分の感情すら満足に使っていなかったということ。

今まで何一つ、一人で執り行ったことなどなかったのだ。

私は大人ではなかった。大人になって一人で生きていこうとしていなかった。

頭の中に他人を作り出さずに、全部自分の意思と欲求だけで判断して生きていくことが親離れする、ということだったことに気づいて、それをやめた。

そしたらとても静かになった。

とても穏やかに時間が流れるようになった。

自分の頭の中に、他人はいない。

自分の頭の中に存在するあらゆる他人という存在。

自分の認知に存在した他人。自分の思考の世界に存在した他人。

そんなところに、他人は存在などしていなかった。

それは全て妄想だった。

他人が存在しているのは、5感で感じられるだけの現実という物質的世界だけ

他人の心など、思いなど、思考など、都合など、何一つとして存在などしていなかった。

それを受け入れて、自分のするっていうことにかつてないほど忠実になり、他人への期待もすべて消し飛んだ。

他人を自分の心から追い出した。そしたらとても楽になった

誰の心がいない孤独な世界でも、人生を楽しめる。

もともとこれが人の見ている素朴な世界だったのだと。

5感で感じている世界。その世界に対して自分がすることだけを考える世界。

こんな単純な世界こそが、自分の望んでいた世界だったのだった。

自分が何かをするときの満足感。これだけで十分だった。

それだけで十分自分は満たされている。

他人がどうこうすることでなく、他人が自分のことをどうこう言うことでもなく。

単純に自分がすること、していることに対する満足感。

それを今まで、他人の都合を介在させて、その満足感を殺し続けてきただけだった。

他人が褒めたら満足する。他人が褒めなかったら満足しない。

そうやって自分が満足することに他人という条件を挟んでいたに過ぎなかった。

ただ、自分が自分でやったことに素直に満足するだけでよかった。

人生とは、そんな単純な繰り返しだったのだ。

そうやって毎日を過ごしていく。

当時思っていたほど人生とは派手なものでもなかったし、そんな重たいものでもなかった。

小さな日常の繰り返し。何か小さなことをやって、それで満足する。

それを繰り返していくと、いつの間にかいろんなことをやった自分がそこにいる。

山登りのようなものだ。

そうやって自分がたどってきた道程に満足し、また歩んでいく。

それが人生だった。それだけでよかったのだった。

孤独を悪と思い込むことが生きづらさの”秘訣”

孤独を埋めようとして他人を求めようとするから、つらくなる。

孤独を受け入れるから楽になるし、心地よく毎日を過ごしていられる

求めたところで自分の資産が増えるわけでもなく、他人がいるだけで自分がマシな存在になるわけでもない

かつて恐れていた孤独は自分を傷つけるものではなかった。自分が孤独を恐れの対象としてみていただけ。

承認欲求は、そんな孤独を恐れる心。独りを怖いと思っている心、

他人を孤独を埋めるために求めなければならないと思い込んでいる心。

それを捨ててしまえば、もう必要のないものになってしまうのだ

そう、孤独でいい。孤独な自分で、もういいのである

誰かを求める必要はない。そんなことをして幸せになろうと思い込む必要はない。

幸せは何も求めなくても最初からすでにあるもの。孤独という現実の中に、すでに用意されているものだったのだから。



自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)