承認欲求を捨てるための大事な4つのポイント




Twitterで気づきのつぶやきやってます→

2021年06月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

まずは自分の承認欲求に気づく


なぜ自分は承認欲求を求めているのか。承認欲求を求める理由はなんなのか。承認欲求で何を得ているのか。

そんな自分の無意識に気づく。承認欲求は自分の自信のなさ、他人に対する恐怖から来ているもの

他人に好かれないといけない。尽くさないといけない。

自分で考えてはいけない。常に誰かに合わせないといけない。

そんな風に他人軸で考えてしまっていること。そうしてしまう自分の気持ち、欲求、思考。そういうものに自分で気づいていく。

自分の承認欲求の実態を知る。無価値であることを知る

自分を脅しているだけ。ということに気づく

承認欲求は、自分に自信がないということを理由にして他人を軸に生きてしまっている欲求。

それは他人が怖いから。他人が怖いから他人に嫌われないために他人軸で生きようとしている。他人を使って自分を脅して生きているということ。

「他人は恐ろしいものだ、他人に逆らうと後悔する、他人と同じでないとおかしな奴だと思われる」

という数々の他人に対する恐怖の思い込みによって自らを脅し、つかの間の他人からの承認という安心感を得るために自らを無理やり他人の都合に合わせて行動させているだけ。

その他人は自分を守ってくれるわけじゃない。自分を保証してくれるわけじゃない。

他人の都合で生きているだけであることに気づく

他人に合わせて、他人の都合で生きていても、それはただそうしているだけのこと。

他人や社会の推奨する自分になろうとしてもなれないことだってあるし、なったとしてもそれで先のことが保証されるわけじゃない。

いい会社に入っても必ず幸せになれるということは保証されていないし、結婚しても幸せが保証されるわけでもない。

他人や社会の目、都合を気にしても先にある自分の人生は保証されはしない。

自分を犠牲にしたその対価に得られていると思っている自分の人生のあらゆる保証は、実は何一つ得られていない。

誰も自分の先のことなど保証できない。誰も自分のことを真に評価できない。

誰も自分の先のことを決め付けられなどしない。誰も自分のことを真に無価値だと決めつけることなんてできない。

良い意味でも悪い意味でも、自分自身ですら保証できない先のことというものを、他人に保証してもらうなんてことは最初から土台無理な話でしかない。

何一つ絶対的な保証も評価も得られていない。実態はただ、そのために他人の都合で生きた、という事実があるだけ。

ほんの一瞬の安心ために我慢し続けているだけということに気づく

承認欲求を求めるのは、褒められる、評価されることで快楽を得ようとしているから。褒められることが気持ちいこと、うれしいこと、いいことだと思っているから求める。

それは今までしてきた自分の我慢、義務に対する苦役が、褒めれられることで報われる気がするから。他人がそれを認めることでそれが報われて、今後の自分の人生が安泰になる、保証されると思えるから求める。

しかし本当に自分の苦役が自分のイメージした形で報われるかといえば、先ほどの「先のことは誰も何一つ保証することができない」という事実から、実際には何も達成されていないことがわかる。

感覚的に説明するなら、他人からの承認は一種のあいさつみたいなものだ。

おはようございます」「今日はいい天気ですね」程度のものでしかない。

どんなに仕事ができて優秀だといわれても、それがイコール今後もずっと優秀であり続けたりとか、どこに行っても優秀だといわれて評価される人生を生きられるということを保証はしないし、優秀だから幸せになれる、というわけでもない。優秀だからとあれもこれもと仕事をたくさん押し付けられて、でもその優秀であるという評価を落としたくないからと無理をしてしまい、自身の健康を失ってしまうこともあるかもしれない。

そうして得た自分の姿が、自分のイメージしていた苦役に耐えてまで欲しがっていた「報われた自分の姿」なのかどうかは、とても怪しい。

結局、実態は苦役をただ背負ってそれを達成することでただほんの一瞬だけ得られる安心感のために長いこと我慢をしてきただけという事実だけが残る。

生きづらい人生を歩んでいるだけ。それも他人の都合に合わせた、自分でない自分で。

他人を使って自分を損させているだけだということに気づく


結局のところ、自分を苦行に晒し、褒められたときにその苦行から自分を解放させて、つかの間の安心感を得るといういうだけの、マイナスから0への人生しかやっていない。

承認欲求は得することはない。ただ損をしているだけ。

それに保証を求めたって自分を失うだけ。自分を苦しめるだけの欲求でしかない。それに気づいて、承認欲求を無価値化していく。

承認欲求をあきらめる

人の承認を求めたいのは、それで人生を豊かにできる、意味あるものにできるって思いからもきている。

しかし、褒められたところで人生は変わらず、豊かになることもない。

そもそも人生に意味などないから。

それどころかそれを求めれば求めるほどただ苦しくなって生きづらさがますだけ。

それに気づいたうえで、「人生ってこんなもんなんだな」ということを受け入れること。

人生は思ったよりもずっと地味で、大したことのないもの。

他人に称賛されて生きる「ちやほやされ続ける、愛され続ける、大事にされ続ける人生」なんて“派手な人生”、”意味のある人生”なんてものは本当はない。

他人は自分よりも他人自身のことが大事だ。自分のことをそう扱うために生きてなんかいない。

そんな承認欲求で描いている”理想郷の人生”に対しての”現実の人生の地味さ”という現実を受け入れて、承認欲求をあきらめていくこと

自分の人生はこんなはずじゃない、もっと価値があって周りに愛される、必要とされるものではずだ、をあきらめること

ありのままの自分、今の自分。今という自分の現状、他人は自分の人生に関係がないという現実の今の人生を受け入れること。

そんな「大したことない今の自分の人生」でよかったことに気づくこと。

自分独りで何かをやってみる。

承認欲求をあきらめて、今度は自分の素直な気持ちだけで何かをしてみる。

本当になんでもいい。今自分の身の回りにあるものでできることをやってみる。できることを考えてやってみる。

「ずっと積んでいるゲームがあったっけ。それで遊ぼう」

「紙とペンがある、試しに絵でも描いてみよう」

「仕事で調べ物をしているけど日本語だとあまり情報がないみたいだ、そうだ英語を勉強してみよう」

「数字って情報を扱うのにすごくわかりやすくて便利なんだな。数学の勉強でもはじめてみよう」

そうやってその時に身の回りにあるものから自分の都合でやることを考えて何かをやる、という経験を積んでいく。

それを誰かに許される必要はない。誰かのやり方や社会の都合、要求に合わせなくてもいい。

失敗を恐れることをやめる

ただ自分がやりたいように、学びたいように、何も背負わずに童心に帰って取り組んでみる。

人に気に入られても意味がない

それはつまり、何かに失敗して他人にがっかりされたり、嫌われること自体特に意味がないことだ、ということ。

だから失敗を恐れて嫌われないようにする必要ももうない。

失敗を怖がらなくていい。なにも恐れずに目の前のことに取り組んでいいのだと、他人のために失敗しないことを義務付けてきた自分を解放して許すこと

そうするとわかってくる。自分で気楽に目の前に取り組むだけで幸せであるということが。

そして結局のところ、それが生きるということのすべてであったということがわかる。

手が動けばことは進む。手が動かないことには、生活も仕事も趣味もすべてまならない。

手が動かなくなる承認欲求は持っていても無駄。ただ不安と苦痛の中時間が過ぎていくだけで、何も進んでいかない

だから最初からこれだけでよかったのだと気づく。それが生きるということのすべてだったと。

承認欲求に気づいて、それを知って、あきらめて、自分の心で生きる。

この4つを実践して、ありふれた自分の人生を受け入れたときは初めて、純粋な自分でマイペースに、前を見ながら生きていくことができるようになる。

人生を誰かに認められるために生きなくたっていい。

人生に意味なんてないし、意味自体必要なことですらない。

意味のない人生を生きても別にいいのだと、外の都合に合わない自分を許して、自分の心で生きていいのだと。

そしてこの生き方が最もQoLが高かったりする。他人を気にして生きていると、決断は遅くなるし、手が動かなくなり精神的を苦痛を感じて不幸になるだけ。

だから忌み嫌っている理想とは違う現実の自分を嫌うことをやめて受け入れた方がずっといい方向に事が運ぶ。

今この瞬間から幸せにだってなれる。その時これまで求めてきた承認欲求はそれを邪魔するだけのただの害悪、ごみでしかなかったことが感じるようにすらなるくらいに。



もし参考になったらシェアお願いします!

自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)