本当のネガティブ思考とポジティブ思考の本質を教えます





Twitterで気づきのつぶやきやってます→@SKFR2021

本サイトご利用の前に、ぜひこちらの記事をご一読ください。このサイトの趣旨などについてご紹介いたします。

 

記事サムネ:月舟さんによる写真ACからの写真

「ポジティブ思考」って?

ポジティブ思考とは、自分自身、気持ちを否定しないこと。

自分の考えや価値観といった、頭で考えていることを無理やり肯定するということでも、何か能力があるから自分は優れている、といった、外の根拠を頼りに自分を肯定するというものでなくて、

もっと自然で簡潔ですっきりとした、自分の気持ちに対する率直な無理のない、優しいもの。

それはつまり、外の都合で自分自身を否定して、自分の心、気持ちを殺さず、そのままで自分をいさせていいと許すこと。

今の自分を否定しないで、ただの自分でいていいのだということを自分に許すことなんだ。

自分を否定するから自信がもてない。今の自分を許さないから苦しい。自分の気持ちや心を否定するから生きる気力が失われて生きづらい。

だからそんな苦しいだけのことを全部やめてしまえば気持ちは自然と前を向く。

ポジティブ思考というのは人にとって特別なものでもなんでもなく、自分に無理をして無理やりひねりだすようなものでもないんだ。

ただの自分自身そのもの、自然な自分の姿のことなんだ。

そのままでいいということを、自分に許すこと、許して自然にただいることが、ポジティブ思考の基本なんだ。

「ネガティブ」思考って?

では反対のネガティブ思考は何なのかというと、他人や外の都合を使って自分の気持ち、心を否定、拒絶してしまっていること

自分の心を否定してしまっているから、思考もネガティブになる。

今の自分が嫌いだったり、いてはいけないと思っていたり、自分を消してしまいたと思ってしまっていたり、

そのままの今の自分自身を否定しているから苦しい。それを他人に許してもらわないといけないと思い込んでいるから、受け身になって苦しい思いをして、結果考え方や気持ちがどんどん沈んでいく。生きづらさが増していく。

だからポジティブ思考はいいものだと誰かに言われても拒絶反応が起きる。自分を否定している限り、ポジティブ思考になることはないし、それを受け入れることもできない。

自分の心がどうあるかの違いというだけ

ポジティブ思考、ネガティブ思考は、思考そのものの問題ではなく、自分の心の在り方の問題。

複雑なことでも難しいことでも、無理やりなことでもなくて、単に自分自身をどうあろうとしているか。自分自身そのものでいいと、自分を許しているかどうかというだけだ。

むしろネガティブ思考の心の在り方が自分に無理をしてしまっている姿ですらある。

ネガティブ思考は自分にとってとても不自然な思考だ。自分が自分にとって一番大事なはずなのに、それを他人でわざわざ下げてしまっているわけなんだから。

どうやったらポジティブ思考になれるか?

ネガティブ思考からポジティブ思考になりたいのなら、その方法はとても単純で、自分を否定することをやめること。ただの自分自身でいいと自分を許すこと。自分を他人を使って否定することをやめること。

自分を他人の都合から解放して、「もう従わなくても、守らなくても、無視してもいい」と、それに合わせないで我慢をしない自分を許してあげればいいんだ。

他人や社会から与えられた義務、罪の意識、常識や普通。社会的ステータスなどといった、外の都合に合わないとダメだと思い込んできた自分の思い込みを全部捨てて、

そのすべての都合にもう合わせなくていいのだということを、自分に許す。他人に嫌われたり、愛されなかったり、評価されないという自分を許す。

それで自分に素直になることができる。自分の気持ちに素直になれば、自然とポジティブな思考になる。



もし参考になったらシェアお願いします!

自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間うつ病でしたが、多くの自分の歪んだ思い込みに気づきそれを捨てることで独学で立ち直りました。その「気づき」の記事を本ブログにて日々更新中です。
一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のことで疑問に思うことなどなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。