「褒められたい」は嘘。承認欲求を捨てて自分を救った私が気づいたこと。




Twitterで気づきのつぶやきやってます→

2021年06月25日~:
現在メンタルヘルス系過去記事を順次全書き直し中です。
上記年月よりも古い記事は順次修正予定記事になります。

承認欲求は満たされると気持ちがいいと感じるもの。

だから欲しがるのだけれど、なぜそれが”気持ちがいい”のか、それがずっとわからなかった。

そしてそれを求めている間、なんでこんなに”苦しい”のか、それもわからなかった。

でも自分の承認欲求と向き合い続けてようやくそれがわかった。

承認欲求は、他人に対する恐怖から来ている欲求だった。

“独り”から逃げ続けてきた私の人生。

初めに。

私のこれまでの人生を一言で表すなら、『孤独から逃げる人生だった。

孤独を恐れて、他人に好かれるために他人に気に入られることばかり考えて、生きる人生だった。

その代わりに自分の人生を自分で楽しむということから逃げていた。自分で自分の人生を決めて、自分で楽しむということからずっと逃げ続けて、

他人にその世話をしてもらおうとしてきた。他人に自分の人生を決めてもらって、他人に保証してもらうためだけに、安全と安心を求めて生きてきた。

そのためにいつも他人に合わせた。何もかも。他人に変わりに選んでもらって、他人に変わりに楽しんでもらって、それに私は共感してコピーすることで、その他人と同じになろうとした。

そうすれば正しい他人と同じになれることでできると思っていた。それで自分はまっとうになれて、認められて、大丈夫だと思えるとそう感じて。

それが大事なことで、生きていく術。そしてそれが唯一の生きがい。

親が喜んでいるから私も喜ぶ。友人が楽しそうだから私も楽しい。友人が笑ったから私も笑う。

他人と同じになれることが幸せ。そんな感じだった。

安心したかっただけだった

でもその実態はただずっと他人に合わせていただけ。他人に決めてもらっていただけ。他人に依存していただけ。

そんなものは喜びでも生きがいでも何でもなかった。その正体はその怖い他人に許されて感じていた安心感でしかなかった。これまで妄信し続けてきた他人に対してその裏に無意識に抱いてきた恐怖を癒すためのものだった。

それに気づいたのはうつ病になったときだ。先輩にいじめられたとき。他人に褒められようが何だろうが、嫌われるときは嫌われる。いつも自分のことを好きでいてくれるわけでも守ってくれるわけでもないことが分かった時。

他人自身の都合次第でしかなくて、他人は他人のことしか考えていないという現実を見せつけられたときだ。

褒められたいは、自分の素直な気持ちじゃなかった

褒められたいという気持ち。ずっとこれが喜びだと思っていた。自分は好きでそれを求めているつもりだった。

でも実はそうじゃない。褒められたいという気持ちは、本当に自分がそう“したい”と思って求めた気持ち、感情じゃない。

“褒められなきゃいけない”だったんだ。

「褒められないと何かをしちゃいけない。」

「評価されることでなければそれは全部無駄なこと。」

「好かれないと人を好きになっちゃいけない。」

「好かれない自分はダメ人間で、生きている価値がない。」

他人を恐れ、まずは他人の都合を満たしてから出ないと自分がしたいこと、感じたいこと、やりたいことをしていけないという思い込み。

そんな「他人のための自分にならなければならないと何もしちゃいけない」義務感で、仕方なく求めていたもの。

他人が怖かったから、それをどうにかしたくて仕方がなくもとめていたものでしかなった。

好かれたい = 好かれなきゃいけない だった

本当は「したくないこと」だった。

本当は好かれ“たい”だなんておもってない。本当は褒められ“たい”だなんて思ってない。

全部「しなきゃいけない」という無意識がそうさせている欲求だった。そう自分に思い込ませている仮初の欲求だ。

そうやって自分をだましてきたんだ。他人を恐れて、自分の気持ちに欲求に蓋をしてきた。

“本当に自分がしたかったのは、自分の気持ちに、欲求にただ素直になることだけだったんだ。

その許しを他人から欲しだんだ。自分を許さない他人を頭の中に作り出してまで。

誰かに許されなければできないことだとずっと思いこんできただけ。

でもいらなかったんだ。他人の許しなんて必要ない。他人の承認なんて必要ない。他人の評価なんていらなかった。

人目のを気にしていたのだって同じ。気にしなきゃいけないであって、気にしたくてしていたことなんかじゃない。

本当は他人のことなんて無視したかったんだ。他人の都合なんて。他人の気持ちなんて気にせずに自分の好きなことに夢中になっていたかっただけだったのが本心だったんだ。

自分を好きになるのに、褒められたいはいらない。

それが私が承認欲求を捨てる過程で気づいた最も大きなもの。

最も大事なこと。他人を巻き込んで自分を好きになる必要も、他人に許されて自分に素直になる必要も全くないということ

他人を怖いと思わなくてよかった。他人に許されなくてよかったんだ、褒められなくてよかったんだ、ということに

他人の都合を無視していいのだということに。他人を無視して、気兼ねなく自分が好きなものを好きになっていいのだということに。

褒められることはいいことでもなんでもない。それを求めているということは、他人を怖いと思っているから。勝手に自分が他人を怖がっているだけで、それを癒すために、安心するためだけに求めているだけだから。

そして褒めるのは他人の勝手で、他人のやりたいことで、自分には何も関係がない。

自分の欲していることではないんだ。承認欲求は欲しいものではなく、恐れているものだったんだから。

自分の気持ちだけが、それに隠されてずっとみえなかった、自分の大事なもの。

そんな単純な事実だったけど、そんな単純なことを歪ませて私はずっと歪んだ思い込みを重ね続けていた。

だから気づきにくくなっていたし、手放すのが怖かった。承認欲求が喉から手が出るくらいにまで欲しいと病的になるくらいまで、複雑な思いこみを重ね続けてきたから。

だからそんな歪んだ思い込みたち、他人の都合たちをすべて捨てた。歪んだ思い込みを根こそぎ掘り起こして、捨てに捨てまくった。

そうしたら本当に軽くなった。褒められなきゃいけない、評価されなきゃいけない。

それが義務であるということを知った。それは自分の欲求でないことを知った。

知った上でようやくわかった。

「いらなかったんだ」って。「必要ないんだな」って。

そう心から思えたときだ。承認欲求を捨てられたのは。



もし参考になったらシェアお願いします!

自己紹介

Name : Elepan

元うつ病患者 (闘病歴10年)

約10年間のうつ病の体験と、独学で立ち直ったことや、実施した治療法について書いています。一人でも誰かの役に立つ情報になりますように… その他にも遊んだゲームの情報、世の中のおかしいと思うことなどについて考えたことを色々まとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)